「妄想」禁止から「想像を表現」禁止に Twitterが「児童の性的搾取に関するポリシー」を修正

3月4日(月)12時28分 BIGLOBEニュース編集部

修正後/画像はTwitterの「児童の性的搾取に関するポリシー」スクリーンショット

写真を拡大

Twitterは日本語の「児童の性的搾取に関するポリシー」を修正し、「妄想」を禁止するとしていた部分を「想像を表現」に変更した。


2月下旬に公表されたTwitterの新しい「児童の性的搾取に関するポリシー」は、該当するコンテンツ投稿や助長する行為を一切禁止としている。しかし、英文のポリシーを直訳したためか、「児童の性的搾取について妄想したり、そうした行為を助長する」ことも禁止事項に含まれており、Twitterが「妄想」という行為自体をどう判断するのか、などと物議を醸していた。


Twitterはこの部分について、「Twitter上での以下の行為も禁じられています」とTwitter上の行為であることを明示し、「児童の性的搾取についての想像を表現したり、児童の性的搾取を助長する」と「妄想」という表現を「想像を表現」に修正。「そうした」と曖昧だった部分を「児童の性的搾取」に変更した。


コンテンツ投稿部分の修正はなく、「性的に露骨な、または性的な暗示を含む行為をする未成年の視覚的な描写」「性的に露骨な状況または性的に露骨な行為をする未成年者のイラスト、コンピューターなどで作成した写実的な描写」「児童の性的搾取に該当する内容を掲載する、第三者のウェブサイトへのリンク」を禁止している。

BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「Twitter」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「Twitter」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ