ニンテンドースイッチの『1-2-Switch』で、目の見えない夫とその妻が一緒に大熱中できた話

3月10日(金)19時6分 GIZMODO

ニンテンドースイッチの『1-2-Switch』で、目の見えない夫とその妻が一緒に大熱中できた話


また新しい遊びの形ができましたね!

「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」にて登場した、体感ゲーム『1-2-Switch』。コントローラー「Joy-Con(ジョイコン)」のセンサーをフルに活かし、ゲーム画面を見ずにプレイできるスタイルの同ゲームで、目の見えない夫とその妻が一緒に熱中できたというほっこりエピソードが海外から伝わっています。

海外掲示板サイトredditのThemanjeさん(妻)の投稿によると、彼女は『1-2-Switch』にWiiの『はじめてのWii』や『Wii Sports』に似たものを感じて購入しました。当初はそこまで遊ばないかな…と思っていたのですが、夫が帰ってきて一緒にプレイしたところ、なんと2時間も『1-2-Switch』に大熱中! さすが、体感ゲームに強い任天堂です。

また夫婦はほぼすべてのゲームをプレイしたのですが、その目の見えない人への配慮に感動したんだそう。なにせ、どれもが聴覚による指示に反応したり、ジョイコンの振動に反応することでプレイできたのです。しかも、ピンポン(卓球)などの多くのゲームで夫は勝利を収めたそう。夫は視覚以外の感覚が研ぎ澄まされているのかもしれませんね。

最後にThemanjeさんは、「(ニンテンドースイッチを)本当に買ってよかったわ!」と締めくくっています。任天堂はWiiの発売で、普段ゲームをしない人を引きつけることに成功しましたが、その思想はニンテンドースイッチでもしっかりと息づいているようですね!

もっと読む:・「ニンテンドースイッチ」レビュー:”ゲームを遊ぶ”と”ゲームで遊ぶ”。2種類の遊び方をスイッチできるゲームハードの究極進化系

image: ギズモード・ジャパン 編集部source: Themanje - reddit

(塚本直樹)

GIZMODO

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ニンテンドースイッチをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ