東京メトロ、ワンマン路線の運転士がiPad活用した案内を開始

3月13日(水)14時49分 マイナビニュース

東京メトロ3月13日は、2019年3月16日よりワンマン運転を実施している路線で運転士がiPadを活用した案内を開始すると発表した。iPadは約300台導入される。

導入路線は、丸ノ内線、千代田線(北綾瀬駅−綾瀬駅間を運転する3両編成列車)、有楽町線(和光市駅−小竹向原駅間)、南北線、副都心線。

iPadには、「リアルタイムで運行情報を把握できる機能」「外国人への案内を強化する機能」「点検マニュアルなどの電子ファイル」が搭載されている。外国人への案内を強化するため、乗務員が開発した多言語異常時案内アプリを搭載している。

同社は案内のサービス品質向上、訪日外国人への対応強化、社員間の迅速な情報共有を図るため、2010年からサービスマネージャー、2015年から駅社員、2018年から車掌がiPadを活用した案内を行っている。

マイナビニュース

「iPad」をもっと詳しく

「iPad」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ