残り3日!折りたたんでリュックに収納できる電動スケートボード「Linky(リンキー)」

3月18日(月)17時45分 GIZMODO


20190313-linky03
Image: machi-ya

ライフハッカー[日本版]より転載:

電動スケートボードに乗ってみたいと思いませんか? 「Linky(リンキー)」は、軽量、折りたためる、リュックに入れて持ち歩ける、航空機に持ち込める、すばやく充電できる、見た目もおしゃれ…。そんなニーズにすべて答える、革新的なテクノロジーを搭載した折りたためる電動スケートボードです。

「Linky(リンキー)」は折りたたんでリュックに収納できる電動ロングスケートボードです。初心者でも簡単に乗り方を覚えられ、ダンスやトリックで遊ぶというよりは、ロングライドをゆっくりと楽しんだり、楽な移動手段として利用するのに向いています。日本の街なかで使うのは難しいですが、折りたたんで海外旅行に持っていったり、交通機関の不便な場所で自転車のように使ったりなど、新しいモビリティとしていろいろな楽しみ方がありそうです。

※ 道路交通法の規制により、国内で使用できるのは私道のみとなっているのでご注意ください。


20190313-linky02
Image: machi-ya

折りたたみ可能:特許登録された折りたたみ機構により、Linkyをすばやく広げたり、折りたたんだりすることができます。折りたためば付属のリュックに収納できます。


20190313-linky01
Image: machi-ya

軽量:Linkyは重さは5.5キロで、電動スケートボードの中では最軽量のクラスに入ります。構造部分には重い金属部品のかわりに、自動車と同じ高強度ポリマーを使用、デッキにはカーボンファイバーと竹を使用しています。


20190313-linky04
Image: machi-ya

エアーセーフ:電源システムには、バッテリーパックの充電と放電を調整するBMS(バッテリ管理ソリューション)が搭載されており、良好なバッテリー寿命と総合的な安全性を実現しています。

また、航空機内でのリチウム電池の輸送に関する現在のIATA規制に対応するように、バッテリーの較正が行われています。バッテリーはモジュール構造になっており、運搬時に取り外すことが可能です。


20190313-linky05
Image: machi-ya

パワフル:Linkyは永久磁石ブラシレスモータを搭載、100kgの荷重で勾配10%の坂を上ることができます。最高速度は30 km/hに達します。 安全のため、モーターはカバーで保護されています。

リモートコントロール:Linkyは、リモートコントロールでスピードを段階的に変えたり、停止したり、走行モードを変更することができます。リモコンにはバッテリー残量も表示され、bluetoothでボードに接続します。リモコンのリチウム電池は、プラグに接続するか、ボードの内蔵USBポートを使用してUSBケーブルで充電できます。


20190313-linky06
Image: machi-ya

付属するリュックサック「デイリー・トラベラー」は、Linkyと15インチのノートパソコンを収納する(パッド入りの専用ポケットあり)ようにデザインされています。(※今回のリターンは「黒」限定です)

プロダクト仕様
20190313-linky07
Image: machi-ya

展開時:長さ 800 mm、幅 280 mm、高さ 150mm重量 5.5kg


20190313-linky08
Image: machi-ya

折りたたみ時:長さ 400 mm、幅 280 mm、高さ 140mm

「Linky(リンキー)」は、クラウドファンディングサイト「machi-ya(マチヤ)」にて、105,840円(送料無料)からオーダー可能となっています。キャンペーンは残り3日。詳細は下のリンクからチェックしてください。

>>「Linky(リンキー)」の支援はこちらから

Source: machi-ya

GIZMODO

「リュック」をもっと詳しく

「リュック」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ