死んだらAIになって働きたい? 働きたくない? 死後デジタル労働「D.E.A.D」なんてのがあります

3月20日(金)10時0分 GIZMODO


200320dead_01
死者蘇生が、ファンタジーではなくなるかも。
AIでよみがえる美空ひばり、今はなき名ピアニストの演奏、死んだ娘とVRで再会、二松学舎大学の漱石ドロイド…。近年、死後もその人の性格や能力をデジタル化して運用する試みが増えてきました。
こうした流れを「D.E.A.D(Digital Employment After Death = 死後デジタル労働)」と呼称し、改めて向き合おうとする動きがあります。S.W.A.T.的なクールさを含むこの4文字が表すのは、すなわち、死んだあとAIになって復活することについてどう思う?
200320dead_02
このテーマについて、D.E.A.Dのサイトでは投票型のアンケートが掲載されていて、記事執筆時点ではこのような結果。この数字を意外ととるか、まぁそれくらいだよねととるか、そこも様々でしょうね。
200320dead_03
一方で、「死者をAIとして復活させたいか」という質問に対してはNOが70%を超える結果に。錬金術的な蘇生ならまだしも、データとしての蘇生にも慎重な見方が多いみたいですね。芸能人の出川哲朗が、亡くなった母とトークする番組がありましたが、もしあれを個人レベルでできるなら、皆さんならどうします?
200320dead_04
これは、どのようなコンテンツなら自分の死後のデータの利用を認めるかというアンケート。生前の発言や声を生成するBOT的なコンテンツがもっとも許容され、逆にAIが新しい言葉や声を自動生成することについての賛同は少なめです。偉人でいうなら、アインシュタインが実際に言ったことを言うのはOK、言いそうなことを勝手につくるのはNGという感じでしょうか。
詳しいアンケート結果はpdfで公開されています。「D.E.A.D」の目的は、こうした故人のデジタル化やデータ利用について理解を深め、自身の意思を表明していこうというもの。国や文化、宗教ごとに様々な捉え方があり、AIが発達してきた現代だからこそ向き合わねばならない倫理的テーマと言えるでしょう。
「自分が死んだ後のことは気にしない」「倫理的にだめでしょ」「生きてる人の助けになるなら」など、観点はもっとあるはず。今では医療行為とされる人体解剖も、キリスト教の影響が強かった中世では禁止されていました。故人の冒涜と技術的進歩(必要か不必要かはさておき)のジレンマという意味では、肉体の蘇生が知識や性質の蘇生に置き換わったととれそうな気もしました。なんなら肉体はロボットなどのハード側でカバーできかねない。
この記事を読んだあなたは、自分の個人データを死後に活用されることを許可しますか? D.E.A.Dのサイトの下部にチェックシートがあるので、意思表明をしてみて下さい。誰かに告げる必要はありませんが、少なくとも自身の考えを明確にしておくに越したことはないでしょう。
Source: D.E.A.D. Digital Employment After Death

GIZMODO

「労働」をもっと詳しく

「労働」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ