わずか28g! エレコム、Androidスマホに差し込んで使うVRカメラ

3月20日(火)15時42分 マイナビニュース

エレコムは3月20日、AndroidスマートフォンやAndroidタブレットに装着して360度の全天球撮影ができるVRカメラ「OMNI shot mini OCAM-VRU01BK」を発表した。スマホやタブレットのUSB Type-C端子に差し込むだけで使える手軽さが売り。iPhoneやiPadには対応しない。希望小売価格は税別33,510円で、発売は3月下旬の予定。

OMNI shot mini OCAM-VRU01BKは、本体重量がわずか28gの小さく軽い全天球カメラ。スマホやタブレットのUSB Type-C端子に接続して専用アプリを起動するだけで撮影が始められる。付属のアダプターを使えば、micro USB端子を搭載するスマートフォンやタブレットでも使える。スマホとはUSBで接続するため、わずらわしいワイヤレス関連の設定が不要なのもポイント。電源もスマホ側から供給されるため、バッテリーの充電や外部電源の接続も不要。

動画は、標準で2.5K画質(2560×1280ドット)、最大で3K画質(3008×1504ドット)に対応する。写真は4.5Mピクセル相当(3008×1504ドット)での撮影が可能。動画撮影時は電子式の手ぶれ補正機能が働く。360度動画のライブ配信にも対応する。

撮影した写真や動画は4つのビューモード(フィッシュアイ、パノラマ、リトルプラネット、クリスタルボール)で閲覧できる。スワイプ操作で見たい場所を動かせるほか、スマホのジャイロ機能を利用してVRゴーグルでの閲覧も可能。

OMNI shot mini OCAM-VRU01BKのおもな仕様は以下の通り。

対応機種:USBホスト機能に対応したAndroidスマートフォン、Androidタブレット
撮像素子:1/3型CMOSセンサー(約408万画素)×2
レンズの画角:約210度×2
レンズF値:F2.4
撮影距離:10cm〜∞(レンズ先端より)
静止画の記録画素数:最大3008×1504ドット
動画の記録画素数:最大3008×1504ドット
ライブストリーミングの出力画素数:2560×1280ドット/30fps
インターフェイス:USB Type-C
サイズ:W40.5×H46.5×D40mm
重さ:約28g

マイナビニュース

「Android」をもっと詳しく

「Android」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ