BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

Torは消えつつある? ダークウェブの85%超が応答せず

GIZMODO3月21日(火)10時5分
Torは消えつつある? ダークウェブの85%超が応答せず


大規模サイトのハッキングが大きな要因。

Torといえば、なんとなく「仮想通貨でドラッグが売買されてる」とか「ヒットマンが雇われてる」みたいなイメージがあって、「普通の人が使っちゃいけないもの」だと思われてます。でも今、「普通じゃない」Torユーザーにとっても、行き場がなくなりつつあるみたいです。新たな調査で、Torのサイト(オニオンと呼ばれます)の多くがダウンしていることが判明したんです。

Torの魅力は、「オニオン・ルーティング」という手法でユーザーの匿名性を守れることにありました。Torの名前も「The Onion Router」から来ています。超ざっくり言うと、オニオンルーティングはマネーロンダリングのような仕組みで、あるユーザー発のデータがたくさんのルーターを通るので、どこからリクエストが来たかがわかりにくくなるっていうものです。そもそもTorを開発したのは米海軍調査研究所とDARPAなので、当初は犯罪に使おうなんて意図はなかったはずです。

mascherari.pressによると、Torのネットワークの状態を2016年4月から定期的にチェックしてきたOnionScanが3月6日、Torの現在の状況を調査し発表しました。彼らがTor上のサイト3万ヵ所にリクエストを送ったところ、稼働が確認できたのは4,400ヵ所、ほんの15%にも満たなかったそうです。オニオンは普通のインターネットの世界みたいに安定して動いていないことも多いので、リクエストを数日かけて送り続けたそうですが、それでもOnionScanの過去1年間の調査結果より、はるかに少ない数字になってしまいました。

Torの世界に何があったんでしょうか? 大きな原因は、ふたつのサービスの突然の閉鎖にあるようです。ひとつはホスティングサービスのFreedom Hosting II(FH2)、もうひとつはメールクライアントのSIGAINTです。

FH2は、「ダークウェブの20%をホストしている」と言われたホスティングサービスです。「Torの秘匿サービス運営には高いスキルが必要なので、それをサードパーティに任せることは魅力的に映る」と報告書には書かれています。「だがFH2や、我々が示した他のリーク事件のように、この関係によって新たなセキュリティリスクが生まれている。最終的には、匿名性やプライバシーに完全にひびが入る可能性すらある」。

そのFH2は今年1月、その中に児童ポルノサイトがあることを知りつつ放置していると批判されていました。そしてMOTHERBOARDによると2月初旬、アノニマスを名乗る人物によりハックされ、サービス全体がダウンさせられました。閲覧不能になったサイトは1万件に及び、また単にFH2上のウェブサイトだけでなく、FH2上で何らかのインフラを構築していた他のホスティング事業者にも影響したのではないかと見られています。

ダウンしたもうひとつのサービス、SIGAINTはダークウェブの中でもっとも使われているメールサービスのひとつでした。数ヵ月間使えたり使えなかったりの状態が続いたあと、今年2月に完全にオフラインになり、SIGAINT経由でのやりとりにはすべてアクセスできなくなってしまいました。

メールでの匿名性を保つには、Torでなく普通のインターネット上でProtonMailのような暗号化メールを使うという手段もあります。そういう意味で、SIGAINTがなくなってもFH2のシャットダウンほどのダメージではないかもしれませんが、とにかくTorへの信頼感はさらに低下しました。

というわけで、Torには陰りが見え始めています。I2PとかFreenetといった他の匿名ネットにも同じ問題があります。稼働時間は保証されないし、重要なサービスが警告もなく消えてしまうのです。

でもネット上のプライバシーを厳重に守りたい人にとっては、希望もあります。この発表をしたOnionScanは、「秘匿サービスを安全に、秘密で、匿名でホストしたい人が誰でも使える」ような使いやすいツールを開発しようとしているそうですよ。


・ダークウェブ上のサイト2割がハッキングされる。児童ポルノサイト利用者のデータベースも流出・専門家が泣く、セキュリティ9つの誤解と現実


image: g0d4ather / Shutterstock.comsource: mascherari.press 1, 2, MOTHERBOARD

Bryan Menegus - Gizmodo US[原文](福田ミホ)
copyright (C) mediagene, Inc. All Rights Reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

ITトピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「サイト」「ハッキング」「仮想通貨」「ドラッグ」の関連トピックス

「サイト」をもっと詳しく

注目ニュース
今もっともコスパの高い4K液晶テレビかもしれない——バズーカ搭載、地デジもきれいな“レグザ”「BZ710X」 ITmedia LifeStyle6月22日(木)6時0分
東芝、LGエレ、ソニー、パナソニックの4社から相次いで発表された4K大画面有機ELテレビが6月に入って出そろい、家電量販店の店頭が大きなに…[ 記事全文 ]
「FF14」にDDoS攻撃、ネットワーク障害が発生 ねとらぼ6月22日(木)16時48分
スクウェア・エニックスは6月21日、「ファイナルファンタジーXIV」のゲームサーバに攻撃が行われていると明らかにした。[ 記事全文 ]
人間たまには休んだほうがいい4つの理由 lifehacker6月23日(金)21時0分
Inc.:1日18時間労働を週に6,7日も続けていれば生産性が下がることは、科学が証明しています。[ 記事全文 ]
世界初 AR/VRを両方楽しめるSIMフリースマホ「ZenFone AR」 8GBメモリー搭載モデルも J-CASTニュース6月23日(金)13時40分
パソコンおよびモバイル機器などを扱うASUSJAPAN(エイスース・ジャパン、東京都千代田区)は、SIMフリースマートフォン(スマホ)「Z…[ 記事全文 ]
「iPad Proの日本語入力」がここまで快適に! JIS配列が加わったSmart Keyboardを試してみた ITmedia PC USER6月23日(金)6時0分
「iPadPro」用のアクセサリーである「SmartKeyboard」と言えば、画面を保護するカバーとしての役割も果たす、超薄型のキーボー…[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 電通が「肯定ペンギン」を商標出願し困惑広がる → 実は「肯定ペンギンのあかちゃん」よりも前から存在ねとらぼ6月23日(金)14時44分
2 シカゴの新Apple Store、屋根が巨大なMacBookのよう(動画あり)ITmedia NEWS6月23日(金)11時51分
3 マクドナルド、トラブル復旧で特別企画実施へ 注文の有無に関わらず「わびドリンク」を1人1杯提供ねとらぼ6月21日(水)17時48分
4 「iPad Proの日本語入力」がここまで快適に! JIS配列が加わったSmart Keyboardを試してみたITmedia PC USER6月23日(金)6時0分
5 今もっともコスパの高い4K液晶テレビかもしれない——バズーカ搭載、地デジもきれいな“レグザ”「BZ710X」ITmedia LifeStyle6月22日(木)6時0分
6 メルカリで個人情報流出が発生 一時約5万人の名前・住所・銀行口座などが閲覧できる状態にねとらぼ6月22日(木)22時16分
7 「FF14」にDDoS攻撃、ネットワーク障害が発生ねとらぼ6月22日(木)16時48分
8 ドンキの4Kテレビ、売れすぎ予約休止 「ジェネリックREGZA」と話題にITmedia NEWS6月22日(木)9時53分
9 迷い猫を探せる「ねこもに」が提供開始 ペット探偵による「ねこ捜索サービス保険」付きBIGLOBEニュース編集部6月19日(月)12時58分
10 ギリギリセーフなのか……? トランプ、プーチン、金正恩のそっくりさんを使った香港のCMがいろいろな意味でヤバいねとらぼ6月23日(金)7時0分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア