レーザー部品が大きく不足。Face ID機能は来年までAndroidデバイスには搭載されない見通し

3月23日(金)12時0分 GIZMODO


180320_faceID
Image: Apple

部品が足りないならどうしようもなしです。

iPhone Xの凹部、ノッチ(notch)をAndroidのメーカーたちがコピーしたところ不評を買いましたが、彼らが当分の間、コピーできないものがあるようです。それがFace IDです。ロイターの報道によると、Face ID的な機能を搭載したAndroidスマホは、2019年までマーケットには出てこない可能性が高いです。

というのも、Face IDを搭載するための3Dセンシング・カメラを作るのに重要な部品が大幅に不足しているようです。ロイターが取材したのは3Dセンシング技術を供給している三大サプライヤーViavi Solutions、Ams AG、そしてFinisar Corp。Finisar CorpはアップルのFace IDの部品を作っているメーカーの一社でもあります。この部品が不足している事によって、「3Dセンシングは来年まで広範に普及される事はないだろう」というのが三社の共通認識。それまではAppleの独壇場となるわけですね...。

この入手困難な部品は「VCSELs」。「垂直キャビティ面発光レーザー」という部品で、極小のレーザーを何千も放射する、Face ID機能の中心的な部品です。Face IDのようなテクノロジーがiPhone以外のスマートフォンでいつ登場するかについてロイターに取材を受けた、投資家向け広報部門のシニア・ディレクターであるBill Ong氏は次のように言っています。「3Dセンシングを導入する第二のスマートフォンメーカーは今年の終わりに登場するかもしれません。しかしそれでも(マーケットに出る)量は非常に少ないでしょう。2019年には確実に、1つか2つのAndroidのスマートフォンが3Dセンシング機能を持って登場すると思います」。

現在のところ、AppleのFace IDはセキュリティ目的、(もしくは一部のファンにとってはAnimoji目的)で使われています。しかしGartnerのアナリストであるJohn Erensenさんが、「3DセンサーはAR技術全体の発展のためにも重要な役割を担うであろう」と指摘しているように、その応用はどんどんと拡大することが期待されます。

Gartnerは、2021年までにスマートフォンの40%が何らかの種類の3Dカメラを搭載するとの予測しています。メインの目的はセキュリティ、そして様々なARアプリだろうとのこと。これまでも、いくつかのAndroidのスマートフォンは背面に3Dのカメラを搭載していました。GoogleによるTango ARプラットフォームを利用していた、Lenovo Phab 2 ProやZenFone ARなどです。しかしTangoは去年終了してしまいました。

それぞれのAndroidスマートフォン・メーカーたちが独自に3Dセンシングの能力を今後開発して搭載していくことになりそうです。そのためにはまずレーザー自体を入手しなければいけないわけです。ARを強烈にプッシュしているAppleにとっては有利なスタートダッシュとなるかもしれません。


Image: Apple
Source: Reuters

Sam Rutherford - Gizmodo US[原文]
(塚本 紺)

GIZMODO

「Android」をもっと詳しく

「Android」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ