電波が弱い時に速度を改善 「WiMAX ハイパワー」対応ルーター

3月24日(日)15時0分 J-CASTニュース

家で、そして外で、安定した高速通信が可能な2モデル

写真を拡大

au(KDDI)は、NECプラットフォームズ製のモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT(スピード・ワイファイ・ネクスト) WX05」、ホームルーター「WiMAX HOME(ワイマックス・ホーム) 01」を2019年3月23日に発売。

建物内など電波の弱い場所でも安定した高速通信



いずれも下り最大440Mbpsの高速通信を実現。電波が弱い時に送信パワーを上げることで通信速度を約20%改善させる「WiMAX ハイパワー」に対応。建物内など電波の弱い場所でも安定した通信が可能だ。



「Speed Wi-Fi NEXT WX05」は、「フルパフォーマンスで大容量ファイルをダウンロードしたい」、「屋内外でバランスよく使いたい」、「とにかく電池を長持ちさせたい」など3種類の利用シーンに合わせた最適な設定を、初心者でもワンタップで行える「おまかせ一括設定」を搭載。



「Wウイングアンテナ」搭載の専用クレードルを別売で用意。内蔵の「Wi-Fi TXビームフォーミング」との組み合わせで接続機器に向け集中的に電波を送信し、Wi-Fi通信のスループットが向上するという。



約2.4型ディスプレーを搭載。バッテリー容量は3200mAh。IEEE802.11a/b/g/n/ac無線LANに準拠。同時接続は最大10台。



カラーはピュアホワイト。



「WiMAX HOME 01」は、ワイドレンジアンテナに加え、米粒サイズの超小型アンテナで360度電波を飛ばすμSRアンテナとの組み合わせにより、広範囲で安定した通信を実現。従来のNECプラットフォームズ製モバイルルーターと比べ通信速度が向上した。2.4GHz/5GHzの同時利用が可能だ。



スマートフォンアプリ「NEC WiMAX 2+ Tool」からルーターの状態の確認や通信モードの切り替えができる。また電波レベルを13段階で表示する「電波インジケーター」機能を備え、電波の強い場所を確認しながらルーターを設置可能だ。



買い換え時にSSIDやパスワードなどの接続情報が引き継げる「Wi-Fi設定お引越し」機能を搭載。IEEE802.11a/b/g/n/ac無線LANに準拠する。同時接続は最大20台。ACアダプターが付属する。



カラーはホワイト。

J-CASTニュース

「ルーター」をもっと詳しく

「ルーター」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ