「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」公開決定 坂口健太郎&吉田鋼太郎のW主演で感動がよみがえる

3月24日(日)13時27分 ねとらぼ

ポスタービジュアル (C)2019「劇場版ファイナルファンタジーXIV光のお父さん」製作委員会 (C)マイディー/スクウェア・エニックス

写真を拡大

 人気ブログが原作で、連続テレビドラマとして放送された「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」(MBS/TBS)が、俳優の坂口健太郎さんと吉田鋼太郎さんのW主演で映画化され6月21日に公開されることが決定しました。
 同作は、マイディーさんのブログ「一撃確殺SS日記」で連載されていた「光のお父さん」というシリーズが原作。仕事一筋で単身赴任中だった父・岩本暁(吉田さん)が、突然会社を辞めて自宅に戻ってものの仕事を辞めた理由も謎のまま。そんな中、本音を知りたいという思いに突き動かされた主人公の岩本アキオ(坂口さん)が父をオンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」に誘導し、正体を隠してともに旅をするという物語です。長年すれ違ってきた父子の溝を少しずつ埋めていく感動の実話をつづったブログは、累計300万アクセスを超えるほど注目されました。
 映画では、坂口さん演じるアキオの会社の同僚・里美役に佐久間由衣さん、アキオの妹・美樹役に山本舞香さん、アキオの会社の先輩・吉井役に佐藤隆太さん、アキオの母親役に財前直見さんと豪華キャストが集結しています。
 2017年4月から5月まで放送されたドラマ版では主人公を千葉雄大さんが、父役を2月に亡くなった大杉漣さんが演じており、吉田さんは「劇場版もご本人が演じられたかったと思います」と胸中を吐露。役に指名されたことを光栄だとし、「尊敬する大杉さんの演じられた役を引き継ぐというプレッシャーもありますが、大杉さんの分も頑張ろうと最初にこのお話を頂いた時に自然と胸に込み上げてきました」と意気込みを語っています。
 また、坂口さんは「父親に対してあと一歩踏み込めない主人公・アキオの気持ちが僕自身とても分かり」と主人公への共感を示しつつ、「ファイナルファンタジーを知らなくても、ゲームの知識がない人でもすごく楽しんで観てもらえると思いますし、感動する瞬間もあると思います」と作品をアピールしています。
●吉田鋼太郎さんのコメント
ドラマの時に大杉さんが演じられていた役で、劇場版もご本人が演じられたかったと思います。ただ、その役に私を指名して頂けた事はとても光栄で、尊敬する大杉さんの演じられた役を引き継ぐというプレッシャーもありますが、大杉さんの分も頑張ろうと最初にこのお話を頂いた時に自然と胸に込み上げてきました。
私自身ファイナルファンタジー好きで、ほぼすべてやっていると言っても過言ではないのですが、そのゲームの世界が絡んでくるというこれまでにない設定で大変興味をひかれました。父と息子の関係がゲームによって修復されていくストーリーがファンタジー要素もありながら何故かとてもリアルで最後には感動も待っているストーリーになっていて僕も心から楽しんでやっていける作品だと思っていますし、皆さんにも楽しんで見て頂ける作品になると思います。
●坂口健太郎さんのコメント
元々ファイナルファンタジー好きだったので、それを題材にした映画ってどんなものになるんだろうとワクワクしていました。脚本を読んでみると、お父さんと息子の関係性がゲームというツールで深まっていくことで温かい気持ちになり、実際にブログで書かれていた実話という事もありますが、いま本当にこの映画で描かれている事は十分ありえる事だと感じました。
父親に対してあと一歩踏み込めない主人公・アキオの気持ちが僕自身とても分かり、それが親、友達、恋人と相手は違えど皆が共感できると思います。
本作品ではアキオとお父さんの関係性がとても大事に描かれていると思っているので、ファイナルファンタジーを知らなくても、ゲームの知識がない人でもすごく楽しんで観てもらえると思いますし、感動する瞬間もあると思います。ぜひ楽しみにしていて下さい!

ねとらぼ

「ファイナルファンタジー」をもっと詳しく

「ファイナルファンタジー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ