Appleのクレカ「Apple Card」について今わかっていることまとめ

3月26日(火)5時8分 GIZMODO


190326-0501
Image: Apple

Apple Payが進化してなんとクレカに。

Apple PayはApple(アップル)が大ヒットさせた支払いシステムですが、今まで100億取引を達成し、ロンドン、モスクワ、東京、北京、上海をはじめ、40カ国以上で展開されています。そのApple Payをさらに進化させ、根本的な支払いシステムであるクレジットカードを統合したのが今回リリースされた「Apple Card」です。いってみればAppleのクレカですね。

クレカの欠点をなくしたクレカ
190326-0140
Image: Apple

クレジットカードと異なるのは、基本的にはアプリケーションで機能するところ。料金がかからなくて、特典プログラムも使え、さらにセキュアであるという、クレカのマイナス点をざっと取り払い、よいところすべてを統合したかのようなApple Card。これでお買い物もシンプルになり、プライバシーを確保できるなら一石二鳥どころかさまざまなメリットがありますよね。

Apple Payのバイスプレジデントであるジェニファー・ベイリーも登壇し、そのすばらしさを強調しました。Apple CardはiPhoneやiPadなど、所有するすべてのデバイスでシームレスに利用が可能とのこと。利用情報をすべて一目でアプリで確認でき、さらにテキストメッセージでカスタマーサービスに連絡をとり、カード情報を更新したり、住所変更したりできる点も便利。

家計管理も便利にApple Cardは家計管理がさらにシンプルに、"健康的に"なることを狙いとして開発したといいます。クレジットカードの明細は見にくいもの。ときには文字や数字の羅列が並ぶだけで、どこで何を使ったのかがわからなくなってしまうことも。たしかに家計簿をつけるとき、銀行の明細がわかりにくく、なにがどの引き落としなのか頭を悩ませることがあります。

そこにきて今回の発表は衝撃的でした。何が良いかというと、文字情報をロゴにすることで直感的に見やすくする点。


190326-0505
Image: Apple

例えばセブンイレブンで使用した引き落としにはセブンイレブンのロゴが表示されるのでセブンでの買い物がすぐにわかるというわけです。さらに、Apple Mapも統合して、どこでカードを使用したかも表示できるように。さらにリアルタイムで、どこで何を消費したかすら一目で表やグラフといったインフォグラフィックで見ることができます。


190326-0507
Image: Apple

また購入場所や購入したモノの分類などのラベルづけもAIの機械学習で効率化。たとえば食費とエンターテイメントはカテゴリ分けされて、どんなものにどれだけお金をかけているのかも確認できるようになっています。これさえあれば家計簿がラク! 財布のひももさらに固く締めることができます。

さらに、Apple Cardでは支払うべき利息を即時に計算。月払いなどで物を購入する場合に、リアルなコストなども計算できるので、使うお金に透明性が生まれ、賢い節約に結び付きそうです。Apple Cardに申し込みしてカードを手にいれたら、iPhoneのWalletアプリで管理し、Apple Payと連携させて支払いを行なう、ということのようです。

使うたびにキャッシュバック
190326-0162-2
Image: Apple

さらに衝撃的なのは、"Daily Cash(デイリーキャッシュ)"と呼ばれる、キャッシュバックです。Apple Payでお金をつかうとなんと2%のデイリーキャッシュをもらえます。使うたびにキャッシュがもらえるなんて、すばらしいことづくしです。Apple StoreやApp Storeなど、Apple直販店でのお買い物には3%のキャッシュバックという大盤振る舞いぶりも。

また、Apple Cardには料金がかからない点も強調していました。クレカにはありがちな支払い遅延金、年間利息、国際トランザクション利息がかからないんだって。まずはGoldmanSachsおよびMastercardと提携(あれ、Visaはないんだ?)。またカードにはデバイス固有の番号を付与し、セキュリティチップでこの番号を保護してセキュアな認証も付属。

プライバシーにも配慮
190326-0182-1
Image: Apple

また、今回のイベントではしきりに個人情報の保護を強調していました。Apple Cardでお買い物をしても、Apple にはどこで何をいつ、いくら買ったのかは知らされないし、サーバーにも保存はされません。データを第三者に送信することもありませんときっぱり。Apple Payが使えない地域については、クレカに似た物理カードを発行するよう。でもカード上にはカード番号もCVVも有効期限も署名もなし。デザインはスリークでおしゃれ。材質はチタン製で、物理カードでお金を使った場合にも1%のキャッシュバックがあります。

Apple Cardでクレジットカード体験が大きく変わりそうです。

GIZMODO

「Apple」をもっと詳しく

「Apple」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ