農水省「食料品は十分な供給量を確保している」 過度な買いだめしないよう呼びかけ

3月26日(木)21時55分 ねとらぼ

農水省「食料品についてのお願い」

写真を拡大

 農林水産省は、外出自粛要請を受けて食品の買いだめが広がっている状況を受け、「食料品は十分な供給量を確保している」として落ち着いた購買行動を呼びかけました。
 東京都、神奈川県で3月28〜29日の週末に不要不急の外出を控えるよう要請があったことで、当該地域のスーパーなどで買いだめが起き、食品が品薄になっているとSNSで報告が多く寄せられています。
 これを受けて農水省は「食料品は、十分な供給量を確保しているので、 安心して、落ち着いた購買行動をお願いします」とTwitterで呼びかけ。食料品は必要な分だけ買うこと、過度な買いだめや買い急ぎをしないこと、転売目的での購入はしないことを求めています。
同省では品薄状態への対応状況もまとめており、即席めんや冷凍食品のメーカーなどは「在庫は十分にある」としています。

ねとらぼ

「農林水産省」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「農林水産省」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ