仕事に役立つOfficeの使い方 第73回 [Excel] パスワードを設定する/解除する

4月3日(火)15時21分 マイナビニュース

本連載では、「よく使うけど忘れやすいMicrosoft Officeの操作」をキーワードに、Officeアプリケーションの基本操作や各種機能の使い方を解説していきます。今回は、Excelで作成したファイルにパスワードを設定してセキュリティを強化する手順を確認しましょう。

本連載は、記事執筆時点で最新の状態にアップデートしたMicrosoft Office 2016をもとに制作しています

○パスワードを設定する手順

Excelで作成したファイル(ブック)に、関係者以外に見られたくないデータがある際は、パスワードを設定してファイルを保護するのが有効です。間違った相手にファイルを送信してしまったり、悪意ある第三者にファイルを盗まれてしまった場合でも、パスワードを知っていなければファイルを開けないので安心です。パスワードで保護されていないファイルでは、第三者にデータが書き換えられてしまうことも起こりうるので、重要なファイルはパスワードで守りましょう。設定は「ファイル」メニューの画面から行います。

○パスワード保護を解除する

取引相手などから送られてきたExcelファイルにパスワードが設定されているケースもめずらしくありませんが、頻繁に開いて編集するファイルの場合は、いちいちパスワードを入力するのが面倒に感じられることもあります。こういうときはパスワードによる保護を解除するのも有効な手といえます。ただし、当然ながらパスワード保護を解除したファイルは、第三者でも開けるようになるので、しっかり管理しなくてはなりません。

マイナビニュース

「パスワード」をもっと詳しく

「パスワード」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ