AIによるIntelliCodeも洗練されたVisual Studio 2019がGA - Microsoft

4月3日(水)17時22分 マイナビニュース

Microsoftは米国時間2019年4月2日、Visual Studio 2019がGA(General Availability)に達したことを公式ブログを通じて発表した。ダウンロードページでは、Windows版およびmacOS版のVisual Studio 2019 Community、同Professional、同Enterpriseを入手できる。

リリース ノートによれば、RC(Release Candidate)時に検証を重ねていた更新プログラムのバックグラウンドインストールやモード選択が加わった。新規プロジェクト作成ページを刷新し、コーディング中もリファクタリング(コードの整理)やデバッギングの強化、AI(人工知能)支援によるVisual Studio IntelliCodeのコード補完機能など多数の機能を備える。

また、統合開発環境としてもプロジェクトファイルのアンロードや、補助コンポーネントの動作制限を行うことで、大幅なパフォーマンスの改善を実現。C#、C++、F#、JavaScript/TypeScript、Pythonなどの開発言語や、Webプラットフォーム、コンテナー、Xamarinによるモバイルアプリケーション、UWP(ユニバーサルWindowsプラットフォーム)といったプラットフォームに対する変更点は多岐に及ぶため、Visual Studio 2019を利用する予定がある方はリリース ノートの一読をお薦めする。

阿久津良和(Cactus)

マイナビニュース

「Microsoft」をもっと詳しく

「Microsoft」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ