子どもにおすすめのケータイとスマートフォン+覚えておきたい設定まとめ

4月4日(木)6時0分 ITmedia Mobile

NTTドコモが提供する「キッズケータイ F-03J」

写真を拡大

 総務省が2018年5月に発表した「平成29年通信利用動向調査(※PDF)」によれば、2017年時点における6〜12歳のスマートフォン保有率は32.4%、13〜19歳では75.2%だった。大ざっぱに見積もって、今どきの小学生の3割、そして中学生〜高校生の8割近くがスマートフォンを所有している。保護者によって事情や考え方こそ異なれど、子どもが幼いうちからモバイル機器を携帯させることも増えてきた。
 一方、当然ながら、その意味は大人がスマートフォンを所持するものとは異なる。特に子どもの年齢によってモバイル端末を持つ意味合いは大きく変わるだろう。では具体的にどんな端末やサービスを利用すればよいのか。本記事では、「未就学児や小学校低学年に端末を持たせる」場合と、「小学校高学年や、中学生、高校生にスマートフォンを持たせる」場合の2つのケースに分けて考えたい。
●未就学児から小学校低学年にはキャリアの防犯ブザー型端末を
 まず、小学校低学年までの子どもに端末を持たせる場合には、主に「緊急時の連絡手段」や「見守りツール」といった役割が期待される。大手携帯電話会社は、こうしたニーズを満たす防犯ブザー型の製品を販売しており、一般的に通話、SMS、見守り機能、防犯ブザー機能などを備える。なお見守りサービスは、基本的に保護者が契約するキャリアに合わせて契約する必要がある。
 NTTドコモは、「キッズケータイ F-03J」(9600円、税別、以下同)を提供している。月額500円(2年契約時)の「キッズケータイプラス」プランを契約することで、家族間国内通話は無料で利用可能。SMSも利用できる。
 防犯ブザーとしての機能も備えており、見守りサービスの「イマドコサーチ(月額200円)」を契約している場合には、ブザー発信時に位置情報も親へと共有される。防水・防塵(じん)にも対応し、雨にぬれたり地面に落としたりしても壊れにくいため、やんちゃ盛りの子どもに持たせても安心だ。
 auは、子ども用の端末として「mamorino(マモリーノ)」と、「miraie(ミライエ)」という2種類のブランドを展開している。防犯ブザー型に相当するのは前者で、その最新モデルは2019年2月に発売された「mamorino5」(1万5000円)だ。同機は月額500円(2年契約時)の「ジュニアケータイ」プランで運用でき、こちらも家族間国内通話が無料。月額300円の「安心ナビ」を契約すると、GPSで子どもの位置や移動経路などを確認できる。端末としては防水性能を備える。
 さらに、セコムが提供する「ココセコム」サービスとも連携。これに加入している場合には、防犯ブザーを鳴らすとセコムが子どもの状況を保護者の連絡先に報告してくれ、必要な場合には緊急対処員が現場に急行させられる。auを介して加入する場合、月額基本料金は無料で、現場急行料金(5000円/回)などが別途発生する仕組みのため、加入時のハードルも低い。
 ソフトバンクは「キッズフォン」(1万8720円)と「みまもりケータイ4」(6222円)の2機種を展開するが、auと違い、両機共に防犯ブザー型だ。「キッズフォン」はタッチディスプレイを搭載しており、ボタン式の「みまもりケータイ4」の後継に相当する。
 特に「キッズフォン」は、背面500万画素、前面200万画素のカメラを備え、写真を撮って家族にシェアできる点が特徴だ。同機は月額490円(2年契約時)の「通話定額ライト基本料」で運用でき、家族間国内通話が無料になる他、SMS/MMSの送受信も無料。子ども視点でも楽しめるのよい端末だ。防水・防塵(じん)、耐衝撃性能も備える。
 また、月額無料の「みまもりマップ」では居場所確認が可能。さらに「CSP ケータイ de アシスト」サービスを利用する場合には、緊急時に警備員を出動させられる。同サービスの料金は、月額300円、出動5500円/回。
●小学校高学年から中学生にオススメのスマホは?
 中学生から高校生に関して、親が子どもにスマートフォンを持たせてもよいと思うきっかけは、「学校へ入学した」や「クラブ活動などで帰りが遅くなった」「周りの子どもがスマートフォンを持つようになった」などが多いという(MMD研究所の「親と高校生のスマートフォン利用に関する意識調査」より)。
 こうした背景を鑑みても、小学校高学年以上の場合には、家族間と友人間とのコミュニケーションを想定して、多くのアプリが利用できるスマートフォンを持たせる方が自然だろう。キャリアのみまもりサービスは、スマートフォンでも使用できることが多いので、子どもの動きを把握したいという保護者側の要望も満たせる。
 ただし、子どもがアクティブに駆け回ったり、不意に端末を落としたりすることもあるだろう。保護者が利用する際よりも、端末の破損リスクが高いと仮定し、丈夫な端末やケース、フィルムを選んでおきたい。iPhoneなら保護者のおさがりを渡して、丈夫な保護ケースと合わせて使うのも手だ。Androidならシャープの「AQUOS sense2」や京セラの「Qua Phone QZ」など、3万円程度と比較的安くて耐久性の高いモデルが狙い目だ。
●子どもの使いすぎを防ぐために覚えておきたい設定
 子どもにスマートフォンを持たせる場合、依存的に使い過ぎるリスクや、保護者の望まない不適切な利用につながるのでは、という心配も出てくる。そのため、ペアレンタルコントロールの設定や、フィルタリング機能を活用して適切な制限を設けることが重要だ。こうした設定を施すことで、スマートフォンのリスクを最小限にしつつ、安心して子どもに持たせられるようになる。
 これらの機能は、OS(プラットフォーム)、端末(メーカー)、サービス(通信キャリア)で多元的に提供されている。どれを使えばいいかという決まりはないので、導入しやすく、必要な機能がそろっている、と感じられるものを選ぶとよいだろう。 
 まず、OSで利用できる機能をチェックしたい。そもそもApple IDやGoogleアカウントは13歳以上でないと作成できないため、保護者が子ども用のアカウントを作成し、保護者のアカウントとひも付けて管理することになる。この際、iOSなら「スクリーンタイム」機能、Androidなら「ファミリーリンク」アプリを通じて、子どものスマートフォン利用を管理する。例えばスクリーンタイムでは「YouTubeを含むエンタメ系アプリの利用時間は1日1時間まで」といった設定をカスタマイズできる。
 また、SIMロックフリーのAndroidスマートフォンの中には、端末オリジナルのペアレンタルコントロール機能を搭載している機種も存在する。例えば、ASUSのZenFoneシリーズでは「キッズモード」が利用でき、同じく使用できるアプリや利用時間の設定などが行える。
 2018年2月に改正された「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律」により、キャリアはフィルタリング機能の説明と、加入を勧めることが義務付けられている。ドコモ、au、ソフトバンク、Y!mobile、UQ mobileでは「安心フィルター」という統一名称でフィルタリングサービスが提供されており、これらを無料で利用できる。例えば、ドコモが提供する「あんしんフィルター for docomo」では、「小学生」や「中学生」といった学齢を指定するだけで、必要な制限レベルが適用され、必要に応じてカスタマイズが行える。
●MVNOなら「トーンモバイル」を選ぶべし
 少しでも通信料金を安く抑えたい場合には、子ども向けに安い中古端末を入手し、MVNOが提供する格安SIMで運用するという選択肢もありうる。ただし、フィルタリングに関しては、大手キャリアが無料を提供しているのに対し、MVNOでは有料のケースも多いので注意が必要だ。
 子ども向け利用を想定し、フィルタリング機能などを基本料金内で提供しているMVNOは「トーンモバイル」が代表格だ。同社のサービスは、居場所確認や、移動に関する通知機能、フィルタリングなどの見守り機能を一式そろえている。月額200円が上乗せされるが、保護者の回線がトーンモバイルでなくてもこうした機能を利用可能。
 トーンモバイルは、上記の見守り機能を利用できるオリジナルのAndroidスマートフォンも販売しており、最新機種の「TONE e19」は、1万9800円とお手頃価格で購入できる。iPhoneについては、トーンの見守りサービスを利用できる「TONE SIM(for iPhone)」を提供している。料金は月額1500円から。iPhone 6や7などの中古端末を安く入手し、TONE SIM(for iPhone)を利用するのも有効だ。
 どの手段を選ぶにせよ、基本的な機能は利用できる。大事なのは、子どもの年齢や性格に応じ、どこまで子どもを信頼し、任せるのか。保護者として何をどこまで制限するのか。そういったことについて考えることだ。そしてその際には、保護者だけでなく、子ども本人とも話し合って決めてほしい。

ITmedia Mobile

「スマートフォン」をもっと詳しく

「スマートフォン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ