デンソー、自動車の電動化領域に対する開発・生産体制強化に1800億円投資

4月5日(金)15時31分 マイナビニュース

デンソーは4月5日、自動車の電動化領域における開発、生産体制の強化を目的に、グループ全体で2018年度から2020年度末までの3カ年で約1800億円の投資を行う計画であることを明らかにした。

デンソーは、これまでにも電動化領域の技術開発としてハイブリッド車向けのインバータやモータージェネレータ(MG)、マイルドハイブリッド用の電池パックなど、電動化車両のキーコンポーネントの開発、生産を行ってきたが、近年の自動車の電動化は勢いを増しており、世界的に需要の高まりをみせている。

今回の投資決定は、そうした世界における需要の高まりを受けてのもの。その一環として、2020年5月にデンソー安城製作所内に「電動開発センター」を開設するとしており、同センターでは、先行開発から試作、実証、量産ラインの立ち上げ・安定化までを一貫して行うことで、電動化領域の製品開発のスピードを加速するとしている。

また、トヨタ自動車との電子部品事業の集約によって20なお0年4月に移管されるトヨタ広瀬工場における電子部品の生産事業については、安城製作所とともに、電動化領域のグローバルマザーとして位置づけ、さらなる生産体制の強化を行うことで、開発、生産工程を確立させ、世界各地の製造拠点に向けた高度な生産ラインの展開を図っていくとしている。

マイナビニュース

「デンソー」をもっと詳しく

「デンソー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ