貯金目標を無理せず、地道に達成するコツ

4月11日(木)10時0分 lifehacker

目標設定に関する記事を読んだり書いたりしてきた私ですが、心に残り、人生に大きな影響を与えてきた言葉が1つあります。それは、ささやかなことであっても、今日達成できることに専念することです。

長期的な目標を設定することはもちろん大切ですが、それを達成するには、目標に向かって一歩一歩前進する必要があります。

「木を見て森を見ず」にならないか心配ですか?

でも、その日にできることを全部してしまうと、目標達成のためにはあれもこれもしなくちゃ、というストレスが軽減されて、「やっている」感が持てます。

貯金目標はデイリーとマンスリーに分けるこれは、貯金目標を達成するためには、特に重要です。毎日の生活の仕方によって大差が出るからです。たとえば、現在の私は、いざというときの貯金を1万ドル(100万円)まで増やす努力をしているのですが、「1万ドル」と思うたびに、気が重くなり、とても無理だと思ってしまうぐらいです。

でも、日にいくら、週にいくら貯金するか考えると、前進できます。たくさんでなくてもいいので、いくらかでもという感じですね。これなら気分よく続けていけます。

老後は百万ドル(何千万円)あれば快適に暮らせるなどという記事を読むと、額が大きすぎて貯金しようという気が失せます。そんな大金はとても手が届かないし、そもそも額が大きすぎて価値がよくわかりません。

でも、百万ドルは横に置き、今日貯金できるささやかでも具体的な金額を考えてみましょう。たとえば、利子に一切税金がかからない個人退職金口座を開設して、手始めに100ドル(1万円)投資してみると、目標貯金額に一歩近づきます。

自分を責めない途中で怠けてしまうときがあっても、当初の予定より貯金の増え方が遅くても、自分を責めないことです。「今日」できることに専念する日々を続ければ、最終的には目標を達成できます。1日ぐらい怠けても、翌日埋め合わせをすればいいので、とにかく続けることが肝心です。

今日の私は、仕事を片づける、アパートを整理整頓する、もっときっちりした予算を立てるための下準備をすることに専念することにしています。今日中に貯金額を2万ドルにすることはできませんが、当面はそれでいいのです。

今日は今日できることに集中しましょう。明日はまた明日集中すべきことが出てきます。毎日一歩一歩前進するのみです。

あわせて読みたい

Image: Boy_Phawat/Shutterstock.com

Alicia Adamczyk – Lifehacker US[原文]

lifehacker

「貯金」をもっと詳しく

「貯金」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ