シルクの泡が出てくるシャワーヘッドで全身すべすべ肌になろう

4月17日(水)7時0分 GIZMODO


190412KINUAMI-06
Image: Makuake

消防車由来。

クラウドファンディングサイト「Makuake」で資金調達を行っている「KINUAMI」(絹浴み)は、シャワーヘッドから泡が出てくる身体トリートメントシャワーです。


190412KINUAMI-02
Image: Makuake


190412KINUAMI-03
Image: Makuake

こちら、シャワーヘッドと本体、専用コンプレッサーと専用トリートメント剤がセットになっています。シャワーヘッドと本体をお風呂場に、コンプレッサーは脱衣場などの設置。コンプレッサーと本体はエアチューブで接続します。


190412KINUAMI-04
Image: Makuake

本体にトリートメント剤を入れてシャワーを行うと、泡が放出されます。このトリートメント剤は天然シルク由来の保湿成分「フィプロイン」を豊富に配合しており、この泡を浴びるだけでお肌が潤うとのこと。

僕、結構乾燥肌なので、いつも全身にハトムギ化粧水をぶっかけてるんですが、これがあればもうそんなことしなくてもいいかもしれませんね。


190412KINUAMI-05
Image: Makuake

泡が身体全体を包み込んだら、3分ほどやさしくマッサージしてから通常のシャワーモードに切り替えて、しっかりと洗い流してください。

この泡、手で泡立てられないほどきめ細かく、発泡倍率は約11倍。そのため、お肌に吸い付くように密着するため保湿効果が高いそうです。

この泡生成技術は、消防車の泡生成技術をシャワーヘッドに応用したもの。消防の技術を美容の世界に応用するなんて、発想がすごい。もしかしたら、このシャワーがあれば消火もできるかもしれませんが、僕が勝手に思っていることなので実践してはいけません。

取り付けは磁石メインとなっており、簡単になっている模様。ユニットバスの多くは、壁の内側に鋼板が埋め込まれているそうなので、磁石がくっつきます。うちのお風呂はどうなんだろうなー。あれ、くっつかないや……、残念!

こちら、100個が4万3000円で先行予約受付していましたが、すでに予約がいっぱいになっています。もしかしたらキャンセルが出るかもしれないので、ご興味のある方はチェックしてみましょう。

Source: Makuake

GIZMODO

「シルク」をもっと詳しく

「シルク」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ