KDDI、複数人の同時操作が可能なディスプレイ - 最大310インチまで連結

4月17日(火)12時38分 マイナビニュース

KDDIは4月17日、法人向けに一度に多数のグラフィカルな情報表示が可能である大型タッチディスプレイを活用できるパッケージサービス「KDDI Interactive Display」の提供を開始すると発表した。

「KDDI Interactive Display」は、一般的なタッチディスプレイでは難しい複数人による同時操作が可能なディスプレイと、利用に必要なサーバ、アプリケーション、コンテンツなどを1つのパッケージとして提供するサービス。提供されるディスプレイは、最大32枚まで連結することで310インチ相当の超大型利用も可能な55インチの「Multitaction (マルチタクション)」を用意している。

同時タッチポイント数を無制限で認識するほか、専用の二次元コードを画面にかざすことで、識別したコードに合わせたコンテンツをシームレスに表示することができる。これにより、多数の人が同時に触って楽しめるイベントでの展示・演出や会議のコミュニケーションボードとしての活用が可能だ。別途接続するカメラの映像をクラウド上で分析すれば、ディスプレイ操作者の推定される年齢・性別、注視時間などを判定などを行うこともできるという。

プランは、ディスプレイなどの機器を一括購入する「購入パッケージ」と、利用日数のみレンタルで利用する「レンタルパッケージ」を用意。両パッケージとも、ディスプレイ、サーバー、用途に合わせた個別のアプリケーション開発が含まれる。

提供料金例として、ディスプレイ1面(マルチタクション、55インチ)、マルチタクション用IRペン、イレイサー、サーバ、アプリケーション(マルチタクション専用アプリ)の場合、購入だと720万円〜、3日レンタルだと59万円〜。別途、保守費用などがかかる。

マイナビニュース

「KDDI」をもっと詳しく

「KDDI」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ