Bluetoothイヤホンがどのコーデックで接続されているか調べられますか? - いまさら聞けないAndroidのなぜ

4月17日(火)15時22分 マイナビニュース

多種多様な候補から自分好みの端末を選択でき高度なカスタマイズが可能、それがAndroidの魅力であり強みです。しかし、その自由度の反面わかりにくさを指摘されることも少なくありません。このコーナーでは、そんな「Androidのここがわからない」をわかりやすく解説します。今回は、『Bluetoothイヤホンがどのコーデックで接続されているか調べられますか?』という質問に答えます。

***

はい、イヤホン/ヘッドホンやスピーカーなどのBluetoothオーディオ機器は、Android端末とペアリング済であれば再生時に使用するコーデック(データを効率的に伝送するため符合化/復号化処理を行うソフトウェア)をかんたんに調べることができます。

Android端末では、Bluetoothオーディオ規格(A2DPプロファイル)で必須とされている「SBC」のほかに、AACやaptXなどオプションのコーデックが存在します。どのコーデックに対応するかは端末メーカーの裁量に任されていますが、ハイレゾ再生(サンプリングレート48kHz以上/ビット深度24bit以上)のニーズに応えるべく、非可逆圧縮を伴いながらもハイレゾ相当の再生を可能にするaptX HD(最大48kHz/24bit)やLDAC(最大96kHz/24bit)に対応する端末が増えています。

同じオーディオ機器でも使用されるコーデックによって音質が変わりますから、「コーデックは"○○○"に対応」とうたわれているが他のコーデックで接続されているかも? などと心配になったときは確かめてみるといいでしょう。

一部の端末は、ペアリングまたは接続を開始した時点で「○○○コーデックを使用します」などとダイアログが表示されるますが、なにも表示しない端末も少なくありません。その場合、「設定」アプリにある「開発者向けオプション」の機能を使い確認することになります。

Android 8.0端末で開発者モードを有効にするには、端末情報にあるビルド番号を7回タップします。「これでデベロッパーになりました」と表示されると、「設定」→「システム」画面に「開発者向けオプション」項目が現れるので、音楽を再生中に表示して「Bluetoothオーディオコーデック」項目をチェックしてみましょう。それがBluetoothオーディオ再生で利用されているコーデックです。

マイナビニュース

「イヤホン」をもっと詳しく

「イヤホン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ