コンビニで鍵の受け渡し セブンイレブンが民泊チェックイン機を導入

4月18日(水)12時21分 BIGLOBEニュース編集部

セブンチェックイン機

写真を拡大

セブン‐イレブン・ジャパンとJTBは18日、無人の民泊チェックイン機「セブンチェックイン機」をセブン‐イレブン店舗に6月15日から順次設置すると発表した。


両社は、民泊の利用者が24時間365日チェックインと鍵の受け渡しができるサービス「フロントデスク 24」を共同で開発。東京都内のセブン‐イレブン店舗から順次「セブンチェックイン機」を設置し、民泊の利用を推進する。「セブンチェックイン機」は、住宅宿泊事業法(民泊新法)で求められるチェックイン時の宿泊者名簿の作成や本人確認に対応している。


「セブンチェックイン機」は、民泊新法が施行される6月15日からサービスを開始。10月までに50店舗への展開を予定している。さらに、東京五輪で訪日外国人観光客が増える2020年度までには1000店舗を目指すとしている。

BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「セブンイレブン」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「セブンイレブン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ