遺伝子検査に協力したら謝礼…アメリカで新手の詐欺が流行ってる

4月21日(日)22時0分 GIZMODO


150223dnatestkit
Image: Shutterstock/isak55

もっともらしい時代の流れに乗り…。

オレオレ詐欺なんて、あんな電話先での使い古した手口が、どうして成功するんだろうね? そう思っているあなた、進化する詐欺集団を甘く見てはいけませんよ! 最新のトレンドに乗っかって、やはり社会的弱者がターゲットにされているんですから。

このほどBloombergは、米国のケンタッキー州やネブラスカ州で横行している、怪しげなビジネスについて紹介。まるで政府機関や保険会社を代表するような口ぶりで、貧しかったり、お年寄りが集まるエリアを次々と訪問し、DNA検査に協力してくれたら謝礼を支払うという詐欺が、いま大問題になろうとしているんだとか。

問題になっているのは、保険会社であるPassport Health Planなど、よく知られる団体名を騙り、遺伝子検査キットでのがん検診や加入保険などの情報提出に協力するならば、すぐさま20ドル(約2,200円)を支払うとの手口で、個人情報を集めまわっているとされる犯行グループ。

いまだその犯罪の全容はつかめていないものの、次々と勝手に不要な健康診断を受けさせては、公的医療保険制度のメディケアやメディケイドプログラムから、多額の補助金をせしめている可能性があります。ほかにも、収集情報を使った、高度ななりすましによる搾取をたくらんでいると考えられています。犯行グループは、家々を訪ねまわる以外に、Facebookに広告を載せたり、特定のストリートへ臨時で設けられる検査所に呼び寄せては、協力者を求めてきたそうです。

検査キットと個人情報を手に入れたら、どこかへ立ち消えしてしまうケースも少なくないようですが、なかには本当に遺伝子分析レポートの結果などを受け取っている人もいます。そうなると、もっともらしい検査にも思えて、まさか勝手に収集されたプライベートな情報が悪用されているとは、疑いもしない人だっているやもしれません。

もはやなにを信じてよいのか、本当にわからなくなってしまいそうですけど、重要な個人情報を手渡す前には、必ず関係先のチェックを怠らないようにしたいものです。

Source: Bloomberg

GIZMODO

「詐欺」をもっと詳しく

「詐欺」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ