アドビ、FireFly新モデル搭載でPhotoshopの生成AI活用を強化 - 「生成塗りつぶし」強化&新機能「画像を生成」など

2024年4月23日(火)18時4分 マイナビニュース

アドビは4月23日、「Adobe Photoshop」次期バージョンのベータ版を公開した。同日に発表された生成AIモデル時期バージョン「Adobe Firefly Image 3 Foundation モデル」(ベータ版)を搭載し、「生成塗りつぶし」機能の大幅進化、新機能「画像を生成」などの生成AI関連機能の強化を行っている。
Adobe Firefly Image 3 Foundation モデル(ベータ版)搭載のAdobe Photoshopは、製品版とは別のパブリックベータ版として提供され、「Adobe Creative Cloud」のデスクトップアプリの「ベータ版」から導入できる。Adobe Firefly Image 3 Foundation モデルの詳細については、別途掲載している同モデル発表についてのニュース記事を参照されたい。
○生成AI関連機能のアップデート
今回リリースされた「Adobe Photoshop」ベータ版は、Adobe Firefly Image 3 Foundation モデル(ベータ版)を搭載することで、生成AI機能が大きく強化されたものとなる。
強化ポイントのひとつが、新機能の「画像を生成」だ。これはその名のとおり、テキスト(プロンプト)の入力で画像を生成する機能。これまでAdobe Firefly Webなどで利用できた画像の生成と同様のことが、Photoshop内で直接利用できるようになる。
もうひとつの大きなアップデートが、「生成塗りつぶし」の大幅強化だ。この機能では、「参照画像」「背景を生成」「類似を生成」「ディティールを向上」といった機能が新たに利用できるようになる。
「参照画像」は、「画像を生成」時の同機能と同様のもので、ユーザーが指定した素材を生成塗りつぶしの際に参照させるもの。次の例では、女性の服の部分を選択し、花柄のワンピースを参照画像に指定して生成塗りつぶしを行うことで、服の部分だけを置き換えることができる。
「背景を生成」は、背景合成に生成AIを利用する機能。背景合成の際にプロンプトで背景の内容を指定すると、その指定に合わせて背景を生成してくれる。
ひとつの生成結果から似たバリエーションを生成するのが「類似を生成」機能。次の例では、生成AIを使って行ったレモンスライスの配置で「類似」を利用し、少しずつ違う大きさ・置き方のバリエーションを生成している。
そして、これらの機能で生成された画像に対し、シャープさや鮮明度を向上させるのが「ディティールを向上」機能。生成された画像の上に表示されるボタンをクリックすることで、画像がより鮮明なものとなる。
○生成AI関連機能以外のアップデート
今回のベータ版リリースのタイミングでは、生成AI関連機能以外にもアップデートが行われている。
新たに追加された「調整ブラシツール」は、ユーザーからの要望も多かった機能。これまで範囲選択を行ってから実行していた「調整」を、ブラシで範囲を指定して実行できるようにしたものだ。
さらにもうひとつ、フォント関連でもアップデートが行われる。「文字」パネルから呼び出すフォントブラウザ—ではこれまで、そのPhotoshopが動作している環境にインストールされているフォントしか選択できなかった。これが、アップデートにより、Adobe Fonts内の(アクティベートされていない)フォントもインストール済みフォントと同様に表示され、選択できるようになる。
また、レビュー用の共有機能も、これまでのAdobe Creative Cloudにアップロードしての共有に加え、Frame.ioにアップロードしての共有も利用できるようになる。
このフォントブラウザ—とレビュー用共有機能のアップデートについては、ベータ版ではなく製品版のAdobe Photoshopにも提供されるという。

マイナビニュース

「モデル」をもっと詳しく

「モデル」のニュース

「モデル」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ