ソフトバンクとGoogle親会社、成層圏に“基地局”構築へ

4月25日(木)12時23分 ITmedia NEWS

ソフトバンクが開発している無人航空機「HAWK30」のイメージ。ソーラーパネルを搭載した翼に10個のプロペラを備え、平均して時速約110キロメートルで飛行するという。全長は約78メートル=同社ニュースリリースより

写真を拡大

 ソフトバンクは4月25日、Google親会社のAlphabetと協業し、通信基地局の代わりになる無人航空機を成層圏に飛ばす事業を始めると発表した。山岳部や離島、発展途上国など通信ネットワークが整っていない地域でも、安定した通信環境を構築できるという。
 ソフトバンク子会社のHAPSモバイルと、米Alphabet子会社のLoonが協業する。HAPSモバイルは、成層圏を飛行する無人航空機「HAWK30」を開発している。Loonは高度数千メートルを飛行する機体と通信システムを開発済みで、既に3000万キロ以上を飛行、世界で数十万ユーザーが接続した実績がある。
 両社のノウハウを融合し、こうした技術の商用化を検討していく考えだ。具体的には、両社の機体を相互利用したり、通信ネットワークインフラを共用化したり——といった内容を検討。人工衛星の下に位置する成層圏で機体を運用し、地上での混雑や遅延を避け、広範囲の通信エリアを実現できるとしている。
 財務・投資戦略の一環で、HAPSモバイルはLoonに1億2500万米ドルを出資。Loonも今後、HAPSモバイルに同額を出資できる権利を有する。

ITmedia NEWS

「ソフトバンク」をもっと詳しく

「ソフトバンク」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ