Waymoがデトロイトで自動運転車を製造するよ

4月26日(金)10時0分 GIZMODO


20190425nweimo
Waymo

新たな自動車産業の誕生?

今テック業界でもっとも熱いトッピックの一つ、自動運転技術。そんな最新テックのど真ん中にいるWaymoが、デトロイトにて自動運転車両を量産することになります。

もともと、2019年半ばに稼働できるレベル4の自動運転車両(特定状況以外ドライバーによる運転の必要なし)の工場を、ミシガン州に設立すると表明していたWaymo。発表によれば、WaymoはAmerican Axle & Manufacturingと提携し、既存の施設を再利用。また、地元に雇用をもたらすことにも触れています。

Google(グーグルあるいはAlphabet)傘下の自動運転開発企業であるWaymoは、2018年にはカリフォルニアにて無人自動運転の許可を取得。12月からは、スタッフが同乗しますが自動運転での商業タクシーサービスを開始しました。

もちろん、自動運転技術を推し進めているのはWaymoだけではありません。イーロン・マスク氏が率いるTeslaは、2020年に100万台の無人タクシーと展開すると表明。さらに、完全に人の手がかからない「レベル5」の自動運転も同年半ばに実現できるとしているのです。

実現にはもっと時間がかかると思われていましたが、今自動運転技術は急速にその完成度を高めています。このままいけば、技術的には自動運転が可能だが法整備が間に合わない、なんて問題が浮上してくるのかもしれませんね。

Source: Waymo

GIZMODO

「自動運転」をもっと詳しく

「自動運転」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ