新しいEdgeブラウザには時代に取り残されたサイトを見るための「Internet Explorerモード」がある

5月7日(火)17時0分 GIZMODO


20190212-internet-explorer-officially-too-edgy-top
Image: Irina Borsuchenko / Shutterstock.com

ある意味で究極の下位互換性。

マイクロソフトの開発者会議「Build 2019」が、2019年5月6日(月)から8日(水)まで開催中。次期バージョンのMicrosoft Edgeのデモも公開されてるのですが、そのPVの中に懐かしき青いアイツの姿を確認しましたぞ。

動画の17秒頃には「シームレスな互換性をもったInternet Explorer mode」の文字、そして表示される旧時代的なテキストサイトと青いIEアイコン。新しいEdgeには、IE専用のサイトをレンダリングするモードが搭載されているのですッ。これでもう「IE専用かーブラウザ変えないと」と思うこともありませんね。

他にもGoogle Driveみたいに共同編集できるFluid Framework機能や(リアルタイム翻訳もされてる!)、Evernote的にテキストや画像を貼り付けつつそのまま各種オフィスソフトにエクスポートできるドキュメント作成機能もあったりと、かなり実用に振ったブラウザに進化してる模様。大丈夫、Macにも来ますよ。

にしてもIEモードというパッケージ感。インターネットそのものとして語られた存在がいちモードに格納されるとは、テクノロジー無常を感じて心がマイヤヒです。いつかはその名前すら消えてしまうのだろうか。はかなし。

Source: YouTube

GIZMODO

「ブラウザ」をもっと詳しく

「ブラウザ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ