IKEAの世界一眠たくなる雑誌広告「SÖMNIG」。ホワイトノイズとラヴェンダーの香りで夢の世界へ

5月9日(水)22時0分 GIZMODO


180510_ikea
Image: IKEA UAE/YouTube

音も香りも、眠たくなるものをチョイスしています。

「毎晩眠りにつくまで時間がかかるんだよ」、または「もっと心地良く入眠したいなぁ」なんて思っている皆さん。北欧家具ブランドのIKEA(イケア)から、世界一眠くなる広告が誕生しましたよ!

アラブ首長国連邦の雑誌「good」の裏表紙に掲載されたその広告は、付録として切り離して使うことで、私たちを夢の世界へ誘ってくれます。

「SÖMNIG」と名付けられたこの広告は、雑誌から切り離して後ろのタブを起こし、ベッドの横に置いて使うもの。本体には電源があり、オンにすると断続的なホワイトノイズとラヴェンダーのアロマが放出される仕組みになっています。ついでに表面の印刷に使われたインクにもラヴェンダーの香りが混ざっているとのこと。至れり尽くせりですね。

考案したのはアラブ首長国連邦のIKEAチーム。彼らが国内の人々の睡眠時間を調査したところ、10人中9人が理想的といわれる8時間睡眠を行なえていないことが判明し、SÖMNIGを作るに至ったのです。

もしこんな広告が掲載された雑誌を買ったら、本体よりも付録代が高く付きそうな気が……!?

ていうか付録じゃなくて、単体で販売して欲しいですね。バリバリ働く日本人にも人気が出そうです。


Image: YouTube
Source: YouTube via adeevee, afaqs

(岡本玄介)

GIZMODO

「IKEA」をもっと詳しく

「IKEA」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ