監視カメラでは甘い…AIで銃乱射を自動察知して警告する新システム

5月11日(土)10時0分 GIZMODO


160622RifleEmojiTOP
Image: Emojipedia

そのうち学校などにも標準装備へ?

ニュージーランドのクライストチャーチでは、今年3月に男がモスクへ乱入し、次々と銃を乱射しては、礼拝のために集まっていた人々を殺害するという、おぞましい事件が発生しました。これまでの銃乱射の犯行とは異なり、犯人がインターネット上に堂々と犯行を予告し、乱射の一部始終をネット配信で中継するという異常性も、注目を集める事態に…。

この事件を受けて、現在、世界中のモスクを襲撃から守ろうという「Keep Mosques Safe」運動がスタートしています。そして、Keep Mosques Safeを支持するAthena Securityは、早速クライストチャーチのモスクに、AIを駆使した新たなセキュリティシステムの実装を進めたことを発表。乱射事件の通報を受けてから、警察が犯人を取り押さえるために駆けつけるまで、ただ時間が過ぎて犠牲者が増えていく事態を未然に防げると説明されていますよ!

現代の悪化する犯罪事情を受けて、一般家庭から企業・学校・競技場にいたるまで、セキュリティカメラの設置は、ますます一般的になっています。しかし、こうしたセキュリティカメラは、その映像を分析するために経験を積んだ人材が求められるという弱点があります。安全だと思って守衛が席を外したときに、せっかくのセキュリティシステムも無駄に終わるということが起こり得えるのです。

このように説明しながら、Athena Securityは、新たなAI導入のセキュリティシステムの優位性をアピール。セキュリティカメラがとらえる映像を、リアルタイムにAI分析し、武器の存在を察知しては、瞬時に警告を発して、ガードマンに危険を知らせるほか、警察などに早期の警戒通報が行なえるようです。

また、侵入者に対しては、すでに違法な武器携帯が察知されており、ただちに取り押さえるべく、現場に警察官らが急行中との警告メッセージをアナウンス。事前に銃乱射を思いとどまらせる効果も期待されていますよ。警報発動とともに、犯人の侵入や自由な移動を阻止すべく、エレベーターの停止や各ドアゲートの施錠なども進められるんだとか。

我が社のシステムは、武器および攻撃的行為の探知に重きが置かれており、AIプラットフォームのトレーニングを積むため、司法機関の協力を得ながら、実際の犯行映像や再現映像などをフル活用してきました。その結果、3秒以内に99%の精度で、武器および攻撃的行為の探知が可能となっています。

まだ現場で威力を発揮したことがないため、どこまでAthena Securityの新システムが犯罪抑制に役立つのか詳しいことはわからないものの、このように新システムの効果性を訴えています。プライバシーの問題などいろいろ議論の余地はあるものの、安全を確保するためにこういったセキュリティシステムの導入が各所で急速に広まっていくのかもしれません。

Source: Athena Security

GIZMODO

「監視カメラ」をもっと詳しく

「監視カメラ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ