「純粋な男?」歩行者に胸触り質問 生放送でコメンテーター激怒「個人のセクシャリティにそういう形で踏み込むべきじゃない」

5月11日(土)16時33分 ねとらぼ

問題となった番組コーナー

写真を拡大

 読売テレビの夕方ワイド番組「かんさい情報ネットten.」で5月10日、“一般人の性別を確かめる”というコーナーに対しコメンテーターが生放送中に激怒。スタジオ内が静まり返る場面がありました。またネットでも番組構成の配慮のなさに批判の声が上がっています。
 問題となったのは、番組内のコーナー「迷ってナンボ!」。人々のあらゆる迷いをお笑いコンビの「藤崎マーケット」が街中で徹底リサーチするという趣旨で、今回は飲食店の店員から常連客の性別を確かめてきてほしいとの依頼がありました。
 依頼を受けて、商店街で歩行中だった当該人物を呼び止めると「ちょっと失礼かもしれないですけど、性別ってどちらなのかなって」と質問。相手が「男です」と答えると、「純粋な男? 女の人が好きな男?」と質問を重ね、性別を確かめるために免許証を見せるよう求めたり、保険証を提示してもらう一幕もありました。
【2019年5月12日19時追記:当初、免許証を提示してもらう一幕があったとしていましたが、あらためて確認したところ、男性が提示したのは保険証でした。お詫びして訂正いたします。】
 加えて、相手の同意を得た上で胸部を触り「ちょっとだけやわい」「太った中学生男子の(胸のようだ)」とジェスチャーを交えたコメントも見られました。
 このVTRに対し憤りを隠さなかったのが、スタジオにいたコメンテーターの若一光司氏。「(VTR内での)男性か女性かという質問のやりかた、これは許しがたい人権感覚の欠如ですね。個人のセクシャリティにそういう形で踏み込むべきじゃないです。そんなもの、よう平気で放送できるね。どういう感覚ですかこれ、報道番組として? ちゃんと考えろよ」「たとえご本人がテレビに出ることを了解していたとしても、個人のセクシャリティに対してそういうアプローチをすること自体が人権感覚、人権意識にもとります」と厳しく批判しました。
 同番組はローカル放送ながら、動画やキャプチャー画像がSNS上で広く拡散され、全国的な注目を集めることに。
 Twitterでは「『面白くない』どころか、差別でしかなく不快」「(放送事故は若一さんが激怒したことではなく)セクシャルマイノリティーに無配慮かつセクシャルマイノリティーを揶揄(やゆ)するような場面を流したこと」「番組内で若一光司氏が毅然と批判したことは不幸中の幸いだが、それで済まされる問題ではない」「問題になると思わなかったのか」と、VTRへの批判と、その場で問題点を指摘した若一さんの意見に賛同する声が多く上がっています。
 「かんさい情報ネットten.」は毎週月〜金曜16時47分に放送中(水曜は15時50分から拡大版で放送)。現時点で番組側から、話題となっている内容についてのコメントなどは発表されていません。

ねとらぼ

「読売テレビ」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「読売テレビ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ