試験的なブロックチェーン技術による修了証明書発行へ - グロービス経営大学院

5月13日(月)14時39分 マイナビニュース

グロービス経営大学院は、日本語MBAプログラムの卒業生向けに7月よりブロックチェーン技術による修了証明書発行を試験的に開始することを発表した。

分散管理による改ざんの抑止機能を提供するブロックチェーン技術。仮想通貨やポイントなどのフィンテック分野のみならず、改ざんの許されない重要な資料やデジタルIDなどその技術の広がりが期待される。グロービス経営大学院は、ブロックチェーン証明書発行システム「Credentia」を展開するスタートアップ企業Credentia Blockchain Technologiesとグロービス経営大学院2016期生 関根孝一氏とともにブロックチェーン修了証明書発行への取り組みを7月から試験的に開始する。

ブロックチェーン修了証明書は卒業生がスマホアプリやパソコンで保管でき、認証サイトを通じてブロックチェーンにアクセスすることで修了証明書が本物であることを証明できるというもの。修了証明書はデータで送付することも可能で、海外など遠隔地に離れた卒業生でも発行申請後の証明書の入手が迅速に行えるようになる。

マイナビニュース

「経営」をもっと詳しく

「経営」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ