ロジクール、ゲーミングマウス「G502」のワイヤレス版

5月16日(木)11時30分 マイナビニュース

ロジクールは5月16日、無線接続のゲーミングマウス「G502 LIGHTSPEED ワイヤレス ゲーミングマウス(G502WL)」を発表しました。有線モデル「G502 HERO」をベースに、独自の高速無線技術「LIGHTSPEEDテクノロジー」を採用してワイヤレス化した製品です。発売は5月30日。価格はオープンで、店頭価格は税別18,380円前後と予想されます。

G502 LIGHTSPEED ワイヤレス ゲーミングマウスは、有線版のG502 HEROと同じくゲーミングセンサー「HERO 16K」を搭載。これに、「PRO LIGHTSPEED ワイヤレス ゲーミングマウス」で投入したLIGHTSPEEDテクノロジーを組み合わせることで、ワイヤレス接続ながらレポートレート1ms(毎秒1,000回)の高速応答性能を実現。有線接続モデルと変わらない操作感をもたらします。

100〜16,000dpiの解像度、400IPSの最大スピード、プログラム可能な11個のボタンなど、マウスそのものの性能とデザインはG502 HEROを踏襲していますが、無線モジュールを搭載したにも関わらず、重さはG502 HEROに比べて7gほど軽量化され114g(マウス本体のみ)となりました。G502 HEROと同様に2g×2枚、4g×2枚のおもりが付属し、好みの重さに調整することも可能です。本体サイズはW75×D132×H40mmです。

専用マウスパッドからのワイヤレス充電を可能とする「POWERPLAY」に対応し、バッテリー動作時間は標準ライティングで最大48時間、ライティングなしで最大60時間というスペックです。イルミネーション機能の「LIGHTSYNC RGB」もサポートしています。

同日都内で行われた発表会では、Logicool G オフィシャルストリーマーを務めるケイン・コスギさんが登場。ケインさんは、PCゲームにハマりだした3年前に初めて購入したゲーミングマウスがG502という根っからのG502 Lover。軽すぎるマウスはあまり好きではないというケインさん、ネットで評判が高かったG502を実際に店頭で触って、4枚のおもりで重さを調整できるG502が一番自分のフィーリングに合ったそうです。

G502 LIGHTSPEED ワイヤレス ゲーミングマウスを使ってみての感想は、「ゲームの大事なときに、コードが絶対に引っかからないのが安心」とガチゲーマーらしいコメント。現在使用している2台のG502ともども、愛用し続けるとのことです。

マイナビニュース

「ワイヤレス」をもっと詳しく

「ワイヤレス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ