MOMO3号機現地取材 第9回 現地取材の最後は恒例の大樹町フォトレポート、現地は今回も盛り上がった!

5月17日(金)13時3分 マイナビニュース

これまでお伝えしてきたように、インターステラテクノロジズ(IST)の観測ロケット「MOMO」3号機は、打ち上げに成功し、初めて宇宙への到達を果たした。ちょうどゴールデンウィークの10連休と重なっていたこともあり、大樹町は今回も大勢の見学客で盛り上がっていた。この最後のレポートでは、現地の様子をまとめておこう。

ウィンドウ初日の4月30日。射点が直接見られる有料会場「SKY HILLS」には451名、無料パブリックビューイング会場の多目的航空公園には2,948名もの人が、打ち上げを見ようと集まった。この日は延期となってしまったものの、その後も多目的航空公園には5月2日は1,481名、同4日は1,317名が来場したそうだ(いずれも人数はIST調べ)。

SKY HILLSはもともと5月1日までの開場予定だったため、延期によって今回は4月30日のみのオープンとなったが、これまでの打ち上げと同様に、多くの出店などによって会場は賑わっていた。

また、町の中心部にある道の駅「コスモール大樹」では、今回も数量限定の記念切符を配布していた。MOMO3号機の打ち上げを記念したもので、商品1,000円以上の購入で1枚をプレゼント。ただ、今年は10連休のせいか、例年よりお客さんが多かったとのことで、筆者が訪れた4月30日の夕方にはもう無くなってしまっていた。

コスモール大樹では、そのほかにも様々な宇宙関連のグッズを販売している。打ち上げ時期以外でも購入できるので、大樹町に来る機会があれば寄ってみると良いだろう。

ところで今回の打ち上げで、ISTの関係者がみな同じ眼鏡をかけていたことに気がついた人はいるだろうか。じつは新たにOWNDAYSがスポンサーになったそうで、そのPR用として着用していたとのこと。今後、クラウドファンディングのリターンとして、ISTモデルを用意することも考えているそうなので、注目しておこう。

さて、MOMOがめでたく打ち上がったのは良いのだが、筆者は最後に大きな問題を抱えていた。延期になったため、予約していた帯広→羽田の飛行機をキャンセルしたら、帰る手段が無くなってしまったのだ。10連休中の北海道は、絶望的に混む。いくら調べても、飛行機もフェリーも新幹線も全く空きが無く、途方に暮れていた。

そんな中、辛うじて空席を見つけたのが、フジドリームエアラインズの札幌→山形便。なんとも中途半端な距離で降りてしまうが、北海道さえ脱出すれば、あとは陸路なので何とでもなる。道中で山形新幹線の指定席も確保して、なんとか無事に帰ってくることができた。今度取材で来るときは、なるべくゴールデンウィーク以外だと有り難い(笑)。

マイナビニュース

「インターステラテクノロジズ」をもっと詳しく

「インターステラテクノロジズ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ