この侍ノリノリである! 阿部寛、ちょんまげ姿で「必死のパッチ」な人生初の始球式

5月18日(金)7時15分 ねとらぼ

甲子園のマウンドに立った阿部殿

写真を拡大

 俳優の阿部寛さんが5月17日、阪神甲子園球場で行われたプロ野球の阪神タイガース対横浜DeNAベイスターズの始球式に登板しました。阿部殿のノーバン始球式、ふざけた格好なのに普通にイケメン。
 主演映画「のみとり侍」(5月18日公開)のプロモーションでマウンドに現れた阿部さんは、ちょんまげ和装姿といういでたち。羽織の下のド派手なタイガースカラーの衣装で甲子園の観衆を沸かせながら豪快なストレートをキャッチャーのミットにたたき込んでみせました。以下、美しいフォームを見せるちょんまげのみとり侍の連続写真です。
 自身初となった始球式に阿部さんは、「必死のパッチでやるしかないと思って頑張りましたが、どうやって投げたか記憶になくて……」と言葉の使いどころを抑えた受け答えを見せながら、想像を絶する甲子園の雰囲気にのまれそうになりつつも無事大役を果たしたことに胸をなで下ろしました。
 「のみとり侍」は、江戸時代に実在したという猫のノミをとって日銭を稼ぐ仕事“蚤とり”稼業の実態が、女性に愛を奉仕する添寝業だったという小松重男さんの創作小説を原案に、映画「後妻業の女」でも知られる鶴橋康夫監督が映像化したもの。劇中では寺島しのぶさん演じるおみねに初の“のみとり業”で「下手くそ!」とののしられる阿部さんですが、「今回の投球は寺島さんにも『上出来だった』と言ってもらえると思います」と自身の投球を満足げに振り返り作品をPRしました。なお、タイガースカラーの衣装については、「またの機会があれば着たい(笑)」とこちらも満足げです。

ねとらぼ

「ノリ」をもっと詳しく

「ノリ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ