カメラホール以外すべてディスプレー サムスン「Galaxy S10」「S10+」

5月19日(日)10時0分 J-CASTニュース

「トリプルカメラ」による高画質撮影を実現

写真を拡大

サムスン電子ジャパンは、スマートフォン「Galaxy S10(ギャラクシー・エステン)」および「S10+(エステンプラス)」2モデルを2019年5月23日に発売する。


背面に広角、超広角、望遠の「トリプルカメラ」



いずれもフレームを極限まで削ぎ落とし、右上のカメラホール以外を全てディスプレーとした「Infinity O Display」採用のQHD+(3040×1440ドット)有機ELディスプレーを搭載。リアルな色彩再現とコントラスト表現を実現しながら、ブルーライトを最大42%まで削減して目への負担を軽減する。



音響面は、オーストリアの音響機器メーカー「AKG」チューニングのステレオスピーカーを装備したほか、「Dolby Atmos」対応により臨場感のあるサウンドを楽しめる。



背面に約1200万画素広角、約1600万画素超広角、約1200万画素望遠の「トリプルカメラ」を搭載。光量を自動で判断して絞りを切り替える「デュアルアパチャー」により、昼夜を問わず鮮明な写真が撮れる。そのほかブレの少ない撮影を実現する「スーパー手ブレ補正」、数千枚の画像解析データから最適な設定を反映し、イメージ通りに撮影できる「シーン判別」などの機能を備える。前面カメラは約1000万画素。



高性能プロセッサーに冷却システムを組み合わせ、グラフィックス処理の高いゲームを長時間プレイしても動作が遅くなるのを防げるという。端末を重ね合わせることでスマートフォンなどへのワイヤレス給電が可能な「ワイヤレスパワーシェア」機能を装備。



そのほか共通の主な仕様は、OSが「Android 9」、メモリーは8GB、内蔵ストレージは128GB。microSDXC(最大512GB)対応。IEEE802.11 a/b/g/n/ac準拠の無線LAN、Bluetooth 5.0をサポート。IPX5/8、IP6Xの防水・防塵性能を備える。超音波式指紋認証、顔認証に対応。



「Galaxy S10」は約6.1型ディスプレーを搭載。バッテリー容量は3300mAh。「Galaxy S10+」は約6.4型ディスプレーを搭載。バッテリー容量は4000mAh。


カラーはプリズムブラック、プリズムホワイト、プリズムブルー(S10のみ)。

J-CASTニュース

「ディスプレー」をもっと詳しく

「ディスプレー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ