「ありがとうを心から感じられる日」 小林麻耶、妹・麻央さんの月命日に思い出のファミリーショット公開

5月23日(土)13時26分 ねとらぼ

思い出の家族ショット(画像は小林麻耶オフィシャルブログから)

写真を拡大

 タレントの小林麻耶さんが5月22日、妹・小林麻央さんの月命日を迎えてブログを更新。母親、麻央さんと並んだ思い出の家族ショットを公開しています。
 2017年6月22日に乳がんのため34歳の若さで逝去した麻央さん。愛する妹との別れから2年11カ月が経過した麻耶さんは、「今日は妹の月命日。写真を見ていたら、こんな写真を見つけたのでブログにアップ」と母親と麻央さんに挟まれて笑顔を浮かべる家族写真を公開し、「愛する人を大切にしよう。今、自分の目の前にいて触れられて、笑いあえて会話ができることは奇跡。ありがとうを心から感じられる22日です」と大切な人を失った経験から学んだ思いをファンに伝えています。
 麻央さんの逝去から時間がたち、今では結婚して幸せな新生活を送っている麻耶さん。それでも2019年2月の音声ブログでは、「妹を亡くした悲しみは全く消えていません。乗り越えられていません」「乗り越えられることはないと思うので、乗り越えなくていいと思うようにしました」など正直な胸の内を明かしていました。
 ファンからは、「本当に素敵な写真ですね。涙が出ました」「写真ありがとうございます。胸がいっぱいになりました」など感極まったコメントが多く寄せられた他、「本当、何気ない毎日が過ごせることが最高の幸せなんだって、つくづく思いますね」「日常と思っていることのひとつひとつが奇跡の集まりなのかもしれません」など麻耶さんのメッセージに感銘を受けた人も多いようでした。

ねとらぼ

「命日」をもっと詳しく

「命日」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ