「セキュリティの基礎は無料で学べる」 ワンクリックで”リテラシー”高める無料教本

5月27日(月)7時0分 ITmedia NEWS

漫画で分かりやすくセキュリティを学べる(サイバーセキュリティのひみつより抜粋)

写真を拡大

 ほとんどの人にとっては、ITセキュリティは難しいもので、勉強するのは面倒に感じるかもしれません。将来的に素晴らしい技術が登場して、私たちが何も気にしなくてもAIや機械がサイバー空間を守ってくれるようになる未来は必ずやってくると信じているものの、現状は私たち自身がサイバーセキュリティについて学んでいく必要があります。
 いきなりセキュリティの達人になることはできなくても、「あ、これ聞いたことがあるな」と気付けるだけで、多くの脅威から身を守ることができます。
 ならば、その「聞いたことがある」という状況にまでステップアップしてしまいましょう。これまでなら本屋に行って何か教本を買ってくるか、ネット上で調べるのが定番でした。いまやその第一歩が、無料の電子書籍で済んでしまうのですから良い時代になったといえます。そこで今回は「この無料セキュリティ本を手に入れよ!」をキーワードに、お勧めしたい無料テキストを紹介したいと思います。
●黄色の本で基本を学ぶ「インターネットの安全・安心ハンドブック」(内閣サイバーセキュリティセンター)
 まずは内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)による「インターネットの安全・安心ハンドブック」です。黄色い表紙の本で、2019年3月に第四版を重ねた由緒ある一冊です。
 カバーする範囲は“ITセキュリティ全般”で、サイバー攻撃が仕掛けられる理由をはじめ、狙われるID/パスワードをどう管理するか、スマートフォンやPCを守るためにわれわれは何ができるか、とても丁寧に解説されています。
 内閣サイバーセキュリティセンターが作っているだけあって、それを多くの人に届けようという意思が見てとれます。このハンドブックは、公式サイトでのPDF、各種電子書籍、iOS/Android向け電子書籍アプリの全てを無料で配布しています。
 企業や組織、学校で利用する際には、ページ単位、イラスト単位の利用が可能なだけでなく、改変しない限りかなり自由に活用できる点も素晴らしいです。
 この通称「黄本」の姉妹本として、企業・組織向けの「小さな中小企業とNPO向け情報セキュリティハンドブック」、通称青本も公開されています。こちらもまさに“神レベル”。もしオフィスでセキュリティに関して問い合わせを受ける「一人情シス」的な仕事をやっている方は、こちらもぜひ一読を。
●こどもと一緒に読む「サイバーセキュリティのひみつ」
 上記黄本、青本はかなりの分量があるので、さすがにちょっと……というあなたには、こちらの本をお勧めします。情報処理推進機構(IPA)が作り出した、懐かし(?)のスタイルの無料テキスト「サイバーセキュリティのひみつ」です。あの学研が発行しています。
 このテキストはもともと、小学4〜6年生向けに作られた、漫画でサイバーセキュリティを学ぶ教本です。本書を製作するに当たって名だたるセキュリティ関連会社が携わっており、子どもたちが最初に学ぶ本として大変よくできています。
 内容は最初に紹介した黄本とさほど変わりませんが、それを小学生でも分かるように、しっかりとかみ砕いているのが特徴です。基本がしっかり押さえられているので、大人向けとしても十分です。親子で一緒に読むという形でも活用できますので、家庭内コミュニケーションのツールとしてもぜひどうぞ。
 個人的には第六章「サイバーセキュリティは、大事な仕事」で、いま日本国内でセキュリティ人材育成のために開催されている「セキュリティキャンプ」や、NISC、IPA、情報通信研究機構(NICT)など関連する国内各組織に関して触れている点が素晴らしいと思います(Flashプレイヤーでしか見られないのは残念ですが)。IPAが冊子版を全国の小学校の図書室や公立図書館に配布しています。
●セキュリティのあれこれ、抜け漏れなく学ぶ「セキュリティ 7つの習慣・20の事例」
 小学生向け漫画もいいけど、もうちょっとビジネス向けのものを……というあなたには、セキュリティ関連企業のエムオーテックスが提供する「セキュリティ 7つの習慣・20の事例」をお勧めします。
 ちょっとゆるめのイラストとともに、ビジネスで気を付けたいセキュリティに関するチェックポイントを「7つの習慣」としてまとめ、Q&A形式で学べる「20の事例」とともに紹介しています。
 その内容もさることながら、編集可能な“講師用”資料が用意されていたり、オフィスにポスターとして貼り出せるように各種素材を提供していたりするのが大変ありがたいです。社会人として働く方にとっては、この冊子はさらりと読めて、確かなセキュリティ力が着くレベルの教本になっているはずです。
 この冊子はKindleなどの電子書籍ストアでも無料で配布されています。実際にこの冊子に携わった方たちからもお話を伺ったことがありますが、自社の製品を売りたいわけではなく、この世界をより安全にしたいという純粋な思いで作っている印象を強く受けました。ぜひ、こちらも手元に置いておきましょう。
●これからの重要課題は“知財”対策? 「デザイナーが身につけておくべき知財の基本」
 最後に紹介したいのは、経済産業省の特許庁が提供している「デザイナーが身につけておくべき知財の基本」です。
 本書はデザイン、技術的アイデア、衣装、ブランド、著作権などをキーワードとする、知財全般に関して大変分かりやすく紹介する講義用資料です。プレゼンシートの体裁なので、読み砕くという意味では入り口にすぎない資料ともいえますが、他者の権利を容易に侵害することができてしまうデジタルの世界においては、デザイナーだけでなく、多くの方が頭の片隅に入れておくべき内容でしょう。
●求む「SNSの教科書」
 個人的に欲しいのは、親子で読める「SNSの教科書」です。もちろん、上記で紹介した各ドキュメントでも、SNSで個人情報が分かってしまうような投稿や、炎上を引き起こしかねない投稿はやめようということは触れられています。
 しかし、SNSに関していうと動きが非常に早い上に、常に“怪しいこと”が起きています。先日放送されたNHK「クローズアップ現代+」で取り上げられていた「フォロワーを買っているインフルエンサーがいる」という事実などは、多くのSNSユーザーが知っておくべき内容だと思いました。
 そのため、SNSに関する情報は常に最新を追いかけてかみ砕くということをし続けないといけないのかもしれません。できれば、新しいことも含め取り上げられていて、多くの人に届けられる教科書が作られるといいのですが……。
●無料教材はたくさんある
 このほか、無料でも有用なドキュメントがたくさんあります。下記にリンクを置きますので、関連しそうな資料をぜひチェックしてみてください。

ITmedia NEWS

「無料」をもっと詳しく

「無料」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ