ロシアのロケットに雷が落ちるも、何事もなく宇宙へ

5月31日(金)14時0分 GIZMODO


russian-thunder
GIF: Roscosmos/Gizmodo

これがロシアンパワー?

ロシアの「ソユーズ2-1b」ロケットが打ち上げから数秒後、なんと雷が落ちた!…のですが、何事もなく宇宙へと旅立っていきました。

ロシア国防省によると、ソユーズ2-1bロケットは5月27日(現地時間)にプレセツク宇宙基地から打ち上げられました。上段ステージにはフレガードを搭載し、衛星測位システム「GLONASS 」の更新用の衛星を予定軌道に投入したのです。打ち上げの成功は、Roscosmosも認めています。

下は実際の打ち上げの映像ですが、バッチリロケットに雷が落ちていることがわかりますね。

Поздравляем командование Космических войск, боевой расчёт космодрома Плесецк, коллективы РКЦ "Прогресс" (Самара), НПО имени С.А.Лавочкина (Химки) и ИСС имени академика М.Ф.Решетнёва (Железногорск) с успешным запуском КА ГЛОНАСС!
Молния вам не помеха pic.twitter.com/1cmlZ4hD1g

— Дмитрий Рогозин (@Rogozin) 2019年5月27日

NASA Spaceflight NowのWilliam Graham氏は、「ソユーズはあらゆる気象条件で打ち上げられるのですが、今回は特に悪い条件でした」と伝えています。「しかし、ロケットの打ち上げにはなんの影響も与えませんでした」

27 мая в 09:23 мск с космодрома Плесецк проведен успешный пуск ракеты-носителя «Союз-2.1б» с российским навигационным космическим аппаратом «Глонасс-М» — https://t.co/eebztIvNKx

Старт ракеты-носителя и выведение космического аппарата на расчетную орбиту прошли в штатном режиме pic.twitter.com/glJQn7Jght

— РОСКОСМОС (@roscosmos) 2019年5月27日

Roscosmosでディレクターを務めるGeneral Dmitry Rogozin氏はツイートにて、「雷は打ち上げに影響しなかった」とツイートしています。

なお、ロケットに雷が落ちることは稀ですがこれまでも発生しています。最も有名なのは、1969年11月14日の「アポロ12号」ミッションで「サターンV」ロケットが打ち上げ最中に2回雷に打たれたことでしょう。この時の体験について、NASAの航空宇宙エンジニアのChristopher Kraft Jr.しは「最も恐ろしい経験だった」と語っています。

しかし雷にもめげず、アポロ12号は無事に打ち上げられ、搭乗した宇宙飛行士は2番目に月に降り立ったのです。今回のソユーズ2-1bには宇宙飛行士は搭乗していませんでしたが、ロケットって意外とタフなんですね。

GIZMODO

「ロシア」をもっと詳しく

「ロシア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ