周辺機器が一覧できてスッキリ。コンパクトでも収納しっかりなオーガナイザー【今日のライフハックツール】

6月3日(月)6時0分 lifehacker

働き方改革が叫ばれる今、フリーアドレス化するオフィスが増えています。また、コワーキングスペースなどでリモートワークする人も珍しくありません。そんな今どきのビジネスパーソンは、複数の周辺機器の持ち運びが必須。

ノマドワーカーな私も同様ですが、適当な収納ポーチを使っていました。正直言って、どれも同じようなものだと思っていたからです。

ポーチの中に入れたものがグチャグチャになる
周辺機器をポーチに入れるとごちゃごちゃで出しにくい
イヤホンを取り出したら他のケーブルまで出てきてしまった
Photo: 中川真知子
しかし、気づくとケーブル類がグチャグチャに。仕切りがないうえに中身を一目で把握できないので、同じ用途のケーブルが何本も入っていたり、必要なものを入れ忘れたりすることもありました。

そこで周辺機器オーガナイザー『GiBot』を使ってみたら、スッキリ片付いたうえ、効率よく仕事ができるように。もっと早く手に入れればよかったです。

厚さ3センチでコンパクトなのに、収納が多い
「GiBot」の大きさ
薄さたった3センチ。iPad miniを一回り大きくしたくらいのコンパクトさ
Image: Amazon.co.jp
『GiBot』の特徴は、収納の多さと薄さ。私は可能な限り持ち物を少なくしたいので、コンパクトで薄いものを選んだのですが、余裕で収納できました。

入れたものが一覧できて、すぐ取り出せる
「GiBot」にたくさんの周辺機器を収納
開けるだけであるものが一覧できる
Photo: 中川真知子
カードリーダー、レコーダー、Type Cコンバーター、モバイルバッテリー、iPhoneとiPad充電用ケーブル、カメラの予備バッテリー、イヤホンなど、さまざまなサイズのものがそれぞれスッキリとおさまります。

ケーブルなどを収納するバンドの下に付いているネット状の小さなコンパートメントが、地味に便利。私はレコーダー用予備電池や、デジタルカメラの予備バッテリーを入れています。

また、上の画像でモバイルバッテリーとコンセントを入れているコンパートメントには、SDカードホルダーがふたつ付いています。予備のSDカードを持ち歩く人にはありがたいと思います。

開くだけで何がどこにあるのか一目瞭然だから、探す手間がいらず、入れ忘れもアイテム重複も把握しやすいです。

背面についたポケットも便利
「GiBot」背面のポケット
外側にさっと出し入れしたいものが入るポケットもあるのが嬉しい
Photo: 中川真知子
背面にはiPad miniが入るくらいの大きめのポケットがありますが、私は名刺や筆記具を入れています。

これさえ持っていれば外出先での「困った!(あれ、あったっけ?)」を回避できるようになったので、助かっています。

それに、こういう小道具って「なんだかデキそう」な人を演出できる気がしないでもない、かも。

『GiBot』は、Amazon.co.jpで購入が可能です。


Push


GiBot 収納ポーチ、ケーブルまとめ収納ポーチ PC周辺小物用ケース 旅行用周辺機器ケーブルポーチ、フラッシュメモリ、USBドライバ、充電器、バッテリー、メモリカード、イヤホン、iPadミニの収納に適用 ブラッ




GiBot 収納ポーチ、ケーブルまとめ収納ポーチ PC周辺小物用ケース 旅行用周辺機器ケーブルポーチ、フラッシュメモリ、USBドライバ、充電器、バッテリー、メモリカード、イヤホン、iPadミニの収納に適用 ブラッ

1,299円




購入






あわせて読みたい

Photo: 中川真知子

Image: Amazon.co.jp

Source: Amazon.co.jp

lifehacker

「収納」をもっと詳しく

「収納」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ