ChromeとSafariが増加 - 5月モバイルブラウザシェア

6月3日(月)7時25分 マイナビニュース

Net Applicationsから2019年5月のモバイルブラウザのシェアが発表された。2019年5月はChromeとSafariがシェアを増やし、QQ、Android Browser、Opera Mini、UC Browser、Baiduなどそれ以外のブラウザがシェアを減らした。2019年5月はモバイル向けオペレーティングシステムとしてAndroidとSafariの双方が増加しており、モバイル向けWebブラウザのシェアと連動している。

モバイル向けのWebブラウザとしてChromeのシェアは頭打ちを迎えつつあり、ほどんどシェアが横ばいという状況が続いている。AndroidのシェアがそのままChromeのシェアに現れており、今後も同様の推移が進むものと見られる。

マイナビニュース

「シェア」をもっと詳しく

「シェア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ