6.24型ディスプレー搭載機も モトローラ「moto g7」シリーズ新作3モデル

6月5日(水)15時54分 J-CASTニュース

ユーザーのニーズに応える3モデルをラインアップ

写真を拡大

モトローラ・モビリティ・ジャパンは、SIMフリースマートフォン「moto g7」シリーズ3モデルを2019年6月7日に発売する。

光学式手ブレ補正を備えたデュアルレンズカメラ



いずれも「moto g」ファミリー第7世代モデルで、洗練されたデザインと普段使いをサポートする機能を充実させたという特徴はそのまま、処理スピードや画面サイズ、カメラ機能などの異なるモデルをラインアップ。ビジネス用途に適するという「Androidエンタープライズ」推奨モデルとなっている。



「moto g7 plus」は、縦横比19:9の6.24型フルHD+(2270×1080ドット)液晶ディスプレーを搭載。背面に3Dガラス仕上げの高級感あるデザインを採用。光学式手振れ補正を備えた1600万画素+500万画素デュアル・アウトカメラと独自のソフトウエアによる高精細な撮影が可能だ。



OSは「Android 9」をプレインストール。メモリーは4GB、内蔵ストレージは64GB、microSD(最大512GB)対応。バッテリー容量は3000mAh。SIMスロットはnanoSIM×2で、DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)に対応する。



カラーはビバレッド、ディープインディゴの2色。



「Motoストア」での直販価格は3万8800円(以下全て税別)。



1200万画素+500万画素アウトカメラを装備し、6.24型ディスプレー搭載「moto g7」(直販価格は3万800円)。6.2型HD+(1520×720ドット)を搭載し、容量5000mAhバッテリーを内蔵した「moto g7 power」(同2万5800円)も同時発売する。

J-CASTニュース

「モデル」をもっと詳しく

「モデル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ