WWDCのステージでは語られなかった、隠されたモハベ機能10個

6月8日(金)19時0分 GIZMODO


180608_mojave_1
Image: Apple

も!は!べ!

WWDC 2018初日に基調講演で発表された新macOSモハベ(10.14)。ステージでは、ダークモードはもちろん、各Appleアプリのアップデートがデモされましたが、それがすべてではありません。発表後すぐにリリースされたモハベ開発者版を触ってみました。キーノートでは語られなかった機能あれこれ見てみましょう。

アクセス許可
180608_mojave_2
Image: Apple

iPhoneやiPadを使うのと同じく、macOSでもアクセスに許可が必要なアプリがありますが、これがカメラやマイクまで拡大。モハベを初インストールすると、メッセージ通知がでます。「システム環境設定」から「セキュリティとプライバシー」、そして「プライバシー」タブでコントロール可能。

Siriにパスワードきける
180608_mojave_3
Image: Apple

iOS同様に、macOSでもSiriにパスワードを聞けるように。とはいえ、周りの人に聞こえたらダメなので、Siriがパスワードを読み上げるわけではありません。代わりに、Keychainアクセスアプリを開いてくれます。Keychain/iCloud Keychainに保存している場合、「Siri、Spotyfiyのパスワードなんだっけ?」と聞けば、Spotifyログイン情報を表示してくれます。つまり、本人じゃなくてもパスワード聞けてしまうことになるので、端末自体の管理はしっかりと!

DVDプレイヤーアプリがアップデート

DVD https://t.co/S0XXfbkCGv got updated! Now in /System/Library/CoreServices/Applications, version 6.0 is 64-bit, re-written with AppKit, supports Touch Bar! Also has a super boring icon (the optical disc icon)@stroughtonsmith @ismh @the_jannis @siracusa pic.twitter.com/yzdqbSUtMA

— Brendan Shanks (@realmrpippy) June 5, 2018

ストリーミング配信の世の中ですが、DVDも死んでません。AppleコンピューターにDVDプレイヤーはもうついていませんが、外付けユーザーには嬉しい。64ビットアップグレードとTouch Bar対応に・アプリアイコンのデザインも変更になっています。

メタデータ
180608_mojave_4
Image: Apple

ステージでは、Finderの新機能ギャラリー・ビューがデモされましたが、このモードでは、メタデータ表示が拡大。撮影口径、露光設定なども確認できます。

クイックルックで音声ファイル編集
180608_mojave_5
Image: Apple

デモでは、クイックルック内でそのまま動画をカットするという編集を披露していましたが、動画だけでなく音声ファイルもトリミングができます。対応音声ファイルはM4A、MP3は未サポート。

Dockで使用アプリ履歴
180608_mojave_6
Image: Apple

Dockのアイコン表示に新しいオプションあり。直近で使ったアプリが右側にまとめて表示されるようになります。「システム環境設定」の「Dock」に「Show recents in Dock(最近使ったアプリをDockに表示)」がオプションとして追加されているだけなので、従来のものがよければ使わずともOK。

ソフトェアアップデート方法
180608_mojave_7
Image: Apple

今までMac App Storeでアップデート可能だったmacOSソフトウェアアップデートが、「システム環境設定」からの「ソフトウェアアップデート」と、ちょっと裏にまわっています。また、自動でソフトウェアパッチ&アップデートする新オプションも。

新ロック画面

#macOS #Mojave - lock screen s light a dark mode. Dynamic wallpaper funguje celkem fajn a aktualizace systému uvolnila poměrně dost místa na disku. pic.twitter.com/Eon9AKrjYy

— Jakub Kašpar (@Kasp1k) June 5, 2018

ロック画面のデザインにちょっと変更。アイコンやパスワード入力ウィンドウがおおきくなりました。現在の開発者版では、ロックスクリーンは真っ白背景です。しかし、本リリースでは、時間やロケーションによって変化するダイナミック壁紙対応になる…はず。よね?

カラー選択の拡大
180608_mojave_8
Image: Apple

ダークモードはモハベの目玉仕様の1つですが、ユーザーがカスタマイズ選択できるアクセントカラーも幅がひろがりました。High Sierraでは、グレイとブルーだけだったオプションが、現段階の開発者版では赤、オレンジ、黄色、緑、紫、ピンク、茶色の選択肢がある上に、カラーピッカーで好きな色も選べます。

Safariでファビコン
180608_mojave_9
Image: Apple

モハベになってやっと、Safariがファビコン(ブラウザタブに表示される、ウェブサイトのアイコン)対応に。今さらだけど、やーっと対応。ただ、不思議なことにデフォルトではなく、Safariの設定から「タブ」でオプション選択しなければなりません。あと、Apple的には「ファビコン」ではなく「ウェブサイトアイコン」だそうで。



Image: Apple

David Nield - Gizmodo Field Guide[原文]
(そうこ)

GIZMODO

「WWDC」をもっと詳しく

「WWDC」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ