「Google翻訳」アプリの精度はどのぐらい? 実際に試してわかった、最適な利用シーン

6月9日(水)21時50分 All About

Google翻訳アプリでは、テキスト入力、音声入力のほか、カメラを利用したリアルタイム翻訳を利用できます。Google翻訳アプリの最大の特徴であるリアルタイムカメラ翻訳を中心として、その機能を解説します。

写真を拡大

「Google翻訳」アプリは、テキスト入力、音声入力のほか、カメラを利用したリアルタイム翻訳が利用できます。Google翻訳アプリの最大の特徴であるリアルタイムカメラ翻訳を中心として、その機能を解説します。

多機能かつ多言語対応の「Google翻訳」アプリ

Google翻訳アプリは、以下の機能を備えています。
• テキスト翻訳:入力したテキストを108言語間で翻訳可能
• 会話翻訳:2カ国語での会話をその場で翻訳(71言語に対応)※Androidは70言語
• リアルタイムカメラ翻訳:カメラを向けるだけで画像内のテキストを瞬時に翻訳(94言語に対応)
• 写真:写真を撮影またはインポートしてより高精度に翻訳(90言語に対応)
• オフライン:インターネットに接続しなくても翻訳が可能(59言語に対応)
• 手書き入力:入力の代わりに手書きしたテキストを翻訳(96言語に対応)
• フレーズ集:翻訳した言葉やフレーズにスターを付けて保存し、後から参照することが可能(全言語に対応)

便利なリアルタイムカメラ翻訳

これらの機能の中でも、注目すべきものがリアルタイムカメラ翻訳です。目に付いたテキストを翻訳したいとき、手動で入力する手間を省き、カメラを向けてテキストを撮影するだけで翻訳してくれる優れた機能です。

実際に翻訳してみた

Google翻訳のカメラ翻訳を実際に利用してその使用感を検証してみました。まずはアプリをダウンロードします。
ダウンロードしたら特に個人情報を入力することなく、すぐに利用可能です。カメラ撮影翻訳では以下の3つのモードがあります。・リアルタイム・スキャン・インポート試しにリアルタイムモードで以下の英語版Wikipedia「ラーメン」の記事を翻訳しました。
英語版Wikipedia「ラーメン」の記事

1

カメラ入力を選択する
カメラ入力を選択

2

画面上部で「英語から日本語」または「日本語から英語」を選択する(ここでは英語から日本語を選択)

3

テキストにカメラをかざす
テキストにカメラをかざす
かざすだけでこのように自動的に翻訳をしてくれます。時間はまったくと言っていいほどかかりません。

どのくらいの翻訳精度か?

翻訳の精度ですが、まだまだ完璧ではないといえます。例えば「Alternative names」(別名)というフレーズですが、
Alternative
names
と二段になっているため、それぞれ別の単語として認識してしまい、その結果、
代替案
名前
と翻訳されています。
「Noodle soup」についても、「めんつゆ」という意味はあるのですが、文脈上正しくはありません(スープ麺、またはそのままヌードルスープの方が意味としては正しい)。

より精度を高めるスキャンモード

画面下部でモードを[スキャン]に切り替えると、撮影した画像の中からテキストを検出し、その中から翻訳したい範囲を選ぶことができます。
撮影した画像の中からテキストを検出
翻訳したい範囲を指でなぞると、複数の単語を関連づけて翻訳してくれます。
複数の単語を関連づけて翻訳してくれる
「Alternative names」が関連づけられることで「別名」と正しく翻訳できています。また、リアルタイムモードでは、テキストにカメラをかざし続ける必要がありますが、このスキャンモードを使用すれば、撮影した後にゆっくり翻訳結果をチェックすることが可能です。

撮影した写真を翻訳できるインポートモード

モードを[インポート]に切り替えると、スマホに保存している写真を選択し、スキャンモードの場合と同様の操作で翻訳することが可能です。この機能を使えば、スマホで翻訳したいページをスクリーンショットしてから翻訳するといった使い方ができます。
スマホで翻訳したいページをスクリーンショットしてから翻訳

観光旅行などのシーンに最適

先の検証から、リアルタイムカメラ翻訳は厳密な翻訳を必要とするシーンよりも、街を歩いているときに意味がわからない言葉に出くわした際の利用に適しているといえます。
例えば、外国で交通標識を理解できないことを想定して、英語の交通標識を翻訳してみました。
英語の交通標識を翻訳してみた
まだまだ翻訳精度は粗いとはいえ、このように移動している際にテキストを入力している余裕がない状況で、このリアルタイムカメラ翻訳は本領を発揮すると考えられます。
他にも、手書きの文書やPDF化された書類を翻訳する際、テキスト入力したり、文字認識をしたりすることなく翻訳できるメリットもあります。

Google翻訳対応言語

Google翻訳は、以下の言語に対応しています。
アイスランド語, アイルランド語, アゼルバイジャン語, アフリカーンス語, アムハラ語, アラビア語, アルバニア語, アルメニア語, イタリア語, イディッシュ語, イボ語, インドネシア語, ウイグル語, ウェールズ語, ウクライナ語, ウズベク語, ウルドゥ語, エストニア語, エスペラント語, オランダ語, オリヤ語, カザフ語, カタルーニャ語, ガリシア語, カンナダ語, キニヤルワンダ語, ギリシャ語, キルギス語, グジャラト語, クメール語, クルド語, クロアチア語, コーサ語, コルシカ語, サモア語, ジャワ語, ジョージア(グルジア)語, ショナ語, シンド語, シンハラ語, スウェーデン語, ズールー語, スコットランド ゲール語, スペイン語, スロバキア語, スロベニア語, スワヒリ語, スンダ語, セブアノ語, セルビア語, ソト語, ソマリ語, タイ語, タガログ語, タジク語, タタール語, タミル語, チェコ語, チェワ語, テルグ語, デンマーク語, ドイツ語, トルクメン語, トルコ語, ネパール語, ノルウェー語, ハイチ語, ハウサ語, パシュト語, バスク語, ハワイ語, ハンガリー語, パンジャブ語, ヒンディー語, フィンランド語, フランス語, フリジア語, ブルガリア語, ベトナム語, ヘブライ語, ベラルーシ語, ペルシャ語, ベンガル語, ポーランド語, ボスニア語, ポルトガル語, マオリ語, マケドニア語, マラーティー語, マラガシ語, マラヤーラム語, マルタ語, マレー語, ミャンマー語, モンゴル語, モン語, ヨルバ語, ラオ語, ラテン語, ラトビア語, リトアニア語, ルーマニア語, ルクセンブルク語, ロシア語, 英語, 韓国語, 中国語(簡体), 中国語(繁体), 日本語
世界中にはまだまだ英語が通じない、英語対応が進んでいない地域がたくさんあります。そのような国を旅行する際、アルファベット圏ならともかく、それ以外の言語は辞書で調べることすら困難です。Google翻訳アプリは、カメラを利用したリアルタイム翻訳によってそのような状況を一変させる能力を備えています。
(文:福田 正人(インターネットサービスガイド))

All About

「翻訳」をもっと詳しく

「翻訳」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ