Microsoftの“次世代Windows”はやっぱり「Windows 11」?

6月11日(金)6時20分 ITmedia NEWS

動画は11日に公開され、長さは11分

写真を拡大

 「Microsoftの6月24日のイベントが楽しみすぎて落ち着かない?」──米Microsoftは6月10日(現地時間)、そんな人のために歴代Windowsの起動音を超スローにして流す11分間のアンビエント動画をYouTubeで公開した。
 サティア・ナデラCEOが「Build 2021」で間もなく次世代Windowsを発表すると語り、その数日後にイベント開催告知があったことから、このイベントで次世代Windowsが発表されるとみられているが、Microsoftはその名称はまだ明らかにしていない。
 このイベント告知の画像の窓の影が(本来は格子状になるはずのところ)11に見えることや、イベント開始時間がIT系イベントで一般的な午前10時ではなく午前11時からに設定されていることなどから、以前から次世代Windowsの名称が「Windows 11」になるのではないかといううわさがあった。
 6月11日に11分の動画が公開されたことで、このうわさがまた高まった。
 Microsoftは2015年1月に「Windows 10」を発表した際、Windows OSでは大きなメジャー番号やブランド名(Windows XPやVistaなど)をリリースせず、Windows 10を基本とするとしていたのだが。
 イベントは日本時間の25日午前0時から、専用サイトで配信される。

ITmedia NEWS

「Windows」をもっと詳しく

「Windows」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ