「iMac G3」をモチーフ 透けて見えそうなiPhone Xケース

6月11日(月)7時30分 J-CASTニュース

20年の時を超え、iPhone Xが「iMac G3」を着る

写真を拡大

スマートフォン用アクセサリーを手がけるシュピゲンジャパン(東京都中央区)は、iPhone X向けケース「Classic C1」を2018年6月中旬ごろに発売する。

内側には「hello(again)」の文字



1998年発売のアップル「iMac G3」がモチーフ。2重構造により内部が透けて見えるようなデザインで、ケース内側には当時のキャッチフレーズ「hello(again)」の文字を施す。



適度な柔軟性と高い耐久性を兼ね備えるTPU(熱可塑性ポリウレタン)とポリカーボネートを素材に採用。iPhoneを保護する独自技術「エアクッションテクノロジー」を内側四隅に備える。装着したままワイヤレス充電が可能とのことだ。



カラーはボンダイブルー、グラファイト、スノー、ルビー、セージの5色。



価格は4990円(税込)。

J-CASTニュース

「iMac」をもっと詳しく

「iMac」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ