米当局、AI技術市場の独占調査を開始 - NVIDIAやMicrosoftがターゲット

2024年6月12日(水)9時52分 マイナビニュース

Ars Technicaは6月7日(米国時間)、「US agencies to probe AI dominance of Nvidia, Microsoft, and OpenAI|Ars Technica」において、米司法省(DOJ: United States Department of Justice)および米国連邦取引委員会(FTC: Federal Trade Commission)がNVIDIA、Microsoft、OpenAIの人工知能(AI: Artificial Intelligence)技術における市場支配が競争を阻害している可能性について調査を開始する計画が進められていると報じた。
ニューヨーク・タイムズ紙の報道によれば、両機関は捜査の分担方法についてすでに合意に達しているとされ、米司法省がNVIDIAを、米国連邦取引委員会がMicrosoftおよびOpenAIを調査すると報じられている。
○NVIDIAのチップ独占が焦点
この合意によりAI業界でのNVIDIA、Microsoft、OpenAIの支配的役割に対する独占禁止法調査が進展し、規制当局による監視が一層強化される可能性がある。米司法省の調査対象となる可能性のある分野の一つとしてNVIDIAのチップ独占が挙げられており、チップの配布方法が調査対象に含まれていることが報告されている。
FTCは、Microsoftが2024年3月にAIスタートアップ企業InflectionのCEOと大半のスタッフを雇用し、その技術を再販するライセンス契約の一環として6億5000万ドルを支払った件について調査している。ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)の報道によると、Microsoftが「取引に対する政府の独占禁止法審査を回避するため」にこの契約を結んだかどうかを調べていると伝えている。
2024年1月には、FTCがAlphabet、Amazon、Anthropic、Microsoft、OpenAIが関与するAI関連の投資および提携に関する調査をすでに始めている。大手AIベンダーにおける市場支配に関する調査は進行しており、今後の動向に注目が集まる。

マイナビニュース

「Microsoft」をもっと詳しく

「Microsoft」のニュース

「Microsoft」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ