BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

次世代通信の暗号セキュリティに応用可能な新色素を開発

財経新聞6月11日(日)8時48分
画像:開発された色素は、円偏光発光の回転方向と色が変わる。
写真を拡大
開発された色素は、円偏光発光の回転方向と色が変わる。
 近畿大学理工学部の今井喜胤准教授と横浜国立大学大学院工学研究院の伊藤傑助教、淺見真年教授らの共同研究グループは、円偏光発光の回転方向と色(波長)を同時に切り替えることのできる、スイッチング機能を持った色素を、世界で初めて開発することに成功した。

【こちらも】セコムとKDDI、次世代通信「5G」活用のセキュリティシステムの実証実験

 円偏光発光(CPL:Circularly Polarized Luminescence)とは何か。まず光とは電磁波である。電場と磁場は互いに垂直に震動しているが、その方向が偏っているのが偏光である。偏光でない光は自然光だ。

 さらに、偏光の中で、電場と磁場が光の進行方向に対し円を描くように震動するものを、円偏光という。これは時計回りの右円偏光と、反時計回りの左円偏光がある。ある種の有機体に、自然光で発光を励起すると、右円偏光と左円偏光の割合に偏りが生じた発光が観測される。これが、円偏光発光である。

 さて、この円偏光発光という現象は、高輝度液晶ディスプレイの光源、3次元ディスプレイ、光通信、セキュリティ分野など、さまざまな領域への応用が期待されている。ゆえに、効率よく円偏光発光を生じる、「キラル有機蛍光色素」の開発に、近年大きな注目が集まっている。

 この研究では、新しい分子を設計・合成することで、過去には知られていなかったキラル有機蛍光色素の開発に成功し、前例のない円偏光発光スイッチングを実現することができた。新しい分子の合成には、それ自体が横浜国立大学の研究グループによって最近開発された、二重不斉付加反応という手法が利用された。

 今後の展望としては、今回の研究の知見をもとに、円偏光発光スイッチング技術の実用化に向けた研究に、さらなる進展がもたらされるだろうという。

 なお、この研究の詳細は、英国王立化学会誌「Chemical Communications」のオンライン版で公開されている。

はてなブックマークに保存

最新トピックス

ITトピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「セキュリティ」をもっと詳しく

注目ニュース
ついに明日発売!iPhone 8/8 Plusは、ここがすごい RBB TODAY9月21日(木)19時17分
明日22日、iPhone8/8Plusがついに発売となる。11月にはiPhoneX(テン)の発売も控えているため、話題が分散されているよう…[ 記事全文 ]
iPhone 8/8Plus、ディスプレイの進化点は? RBB TODAY9月21日(木)18時56分
いよいよ明日22日、iPhone8/8Plusが発売される。前作であるiPhone7/7Plusからディスプレイ性能はどのように進化したの…[ 記事全文 ]
3キャリア、毎年iPhoneを買い替えたい人向けのプランを相次いで発表 RBB TODAY9月21日(木)21時14分
いよいよ明日、iPhone8/8Plusが発売となる。通信大手3キャリアはいずれもこの新しいiPhoneを取り扱うが、同じ製品を扱うが故に…[ 記事全文 ]
月・金星・国際宇宙ステーションを1枚に収めた天体写真に絶賛の声 「感動!」「奇跡の1枚ですね」 ねとらぼ9月20日(水)22時58分
奇跡的なタイミングで撮影することができた、非常に美しい天体写真がネットで話題となっています。[ 記事全文 ]
ちょっと、そこまで — 新型125ccスクーター スズキ「アドレス125」発売 インターネットコム9月20日(水)16時10分
新型125ccスクータースズキ「アドレス125」が9月29日に販売開始される。原付二種スクーター「アドレス」シリーズの新型モデル。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア