LINE Pay、2025年4月30日までに国内サービス終了 - 残高は払い戻しかPayPayへ移行

2024年6月13日(木)17時21分 マイナビニュース

LINEヤフーとLINE Payは6月13日、モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」の国内でのサービス提供を2025年4月30日までで終了することを発表した。
LINE Payは、2014年12月にサービス提供を開始した送金・決済サービス。LINEヤフー株式会社の100%子会社であるLINE Pay株式会社がサービスを展開しており、2024年5月時点で国内に4,400万人の登録者を抱えている。しかしLINEヤフーが属するZホールディングスグループは送金・決済サービスとしてPayPayを持っており、2021年3月にZホールディングスとLINEの経営統合が行われて以来、LINE PayとPayPayのサービスの重複はたびたび指摘されてきた。2021年6月には、ソフトバンクの株主総会でPayPayとLINE Payの統合予定についての質問があり、その時点では「国内のQRコード決済/バーコード決済については、2022年4月を目処にPayPayに統合することを目指しています」と宮川潤一社長が回答する場面もあった。
そしてこのたび、事業環境の変化やLINEヤフーグループの経営資源の配分などを検討した結果、「LINE Pay」のサービス終了という結論にいたった。これでLINEヤフーグループの送金・決済サービスはPayPayに一本化されることになる。提供サービスが重複するためLINE Pay株式会社からPayPay株式会社への事業譲渡は行わず、マイナンバーカードによる本人確認を提供する「LINE Pay 公的個人認証サービス」や「LINEポイント」といった一部の事業についてのみ、LINEヤフーに継承するという。
なお、LINE Payはタイ/台湾でもサービスを提供しているが、そちらは今回のサービス終了の対象外となり、2025年5月以降もサービスを継続する予定。
ユーザーがLINE Payに持っている残高は、ユーザーが希望すればPayPay残高に移行できるようになる。残高移行の詳細は、2025年2月末までに特設サイトで案内するとしている。移行を行わずサービス終了後に残った残高は、資金決済法第20条第1項、および第61条第5項に基づくユーザーへの払い戻しを行う。
同社ではLINE Payのサービス終了に関する情報発信や問い合わせ窓口の案内のため、特設サイトを同日より公開している。
LINE Pay関連サービスの終了期間およびLINE Payサービス終了に伴う変更点などは以下のとおり。
ユーザー向けサービス
コード支払い(LINE Pay加盟店/PayPay加盟店/台湾・タイでのクレジットカード登録での利用):2025年4月下旬
オンライン支払い(継続課金設定を含む):2025年4月下旬
LINE Pay 請求書支払い:2025年4月下旬
Visa LINE Payプリペイドカード(スマホ登録でのタッチ支払い/オンライン支払い):2025年1月下旬サービス
銀行振込サービス:2025年4月下旬
残高チャージ(銀行口座チャージ/セブンATM・ローソン銀行ATM/ファミリーマートマルチコピー機):2025年3月下旬
残高送金・送付::2024年9月下旬
銀行振込サービス::2025年4月下旬
Visa LINE Payクレジットカード(LINEクレカ)/Visa LINE Payクレジットカード(P+)
カードショッピング:2025年4月下旬以降、カードの有効期限まで
チャージ&ペイ:2025年1月下旬
その他のサービス
「LINE Pay」のアカウント開設:2024年11月下旬
支払い履歴、入出金履歴、送金・送金依頼履歴、利用レポートの閲覧:2025年4月下旬
LINE Payアプリ:2024年11月下旬アプリ利用停止
出金サービス(セブン銀行ATMを含む):2025年4月下旬 ※残高の払い戻しについては別途特設サイトで案内
加盟店/自治体向けサービス
コード決済:2024年4月下旬 ※サービス終了日の売上確定分まで、決済キャンセルの受付終了は2024年5月下旬
オンライン決済:2024年4月下旬 ※サービス終了日の売上確定分まで、決済キャンセルの受付終了は2024年5月下旬
LINE Payかんたん送金サービス(企業からLINE Payユーザーへの送金):2024年12月下旬

マイナビニュース

「LINE Pay」をもっと詳しく

「LINE Pay」のニュース

「LINE Pay」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ