Microsoft、Officeも「Fluent Design」に コンパクトなリボンやAI検索機能など

6月14日(木)12時10分 ITmedia NEWS

コンパクトになるリボン(上は新リボンでの旧式表示)

写真を拡大

 米Microsoftは6月13日(現地時間)、プロダクティビティスイート「Microsoft Office」および「Office 365」のデザイン改善について発表した。Windows 10のデザインシステム「Fluent Design System」を反映させたものになる。
 主な変更点は3つ。いずれも数カ月かけて段階的に適用していく計画だ。
●リボンがコンパクトに(旧式の3段リボンにも戻せる)
 リボン(画面上部のツールバーセット)の高さが現行よりコンパクトになり、作業用のスペースが広くなる。旧式のリボンを使い慣れている人のために、簡単に元に戻せるようになる。
 まずOffice 365のWordで一部ユーザーが利用できるようになる。全ユーザーに提供する前にフィードバックを集めるとしている。
●新しい色調とアイコン
 色やアイコンがFluent Designによる洗練されたものになる。その一環で、共同編集でのコメントが色別になり、誰のコメントだかが分かりやすくなる。
 新しいデザインはまずオンライン版Wordに適用され、7月にはWindows版のOutlookに、8月にはMac版Outlookに登場する見込み。
●AI採用の高度な検索機能
 各アプリに「ゼロクエリ検索」機能を追加する。これは、検索枠に何も入れずにカーソルを置いただけで、そのときに表示されている内容をAI(人工知能)が解析し、関連性の高いクエリ候補を表示するというものだ。企業向けOffice.com、SharePoint Online、Outlookのモバイルアプリでは既にこの機能が使えるようになっている。企業向けWeb版Outlookでも8月から利用可能になる。
 各新機能の実際の操作については以下の動画を参照されたい。

ITmedia NEWS

「Microsoft」をもっと詳しく

「Microsoft」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ