「失礼にも程がある」「こんなことで叩くなんて」 ワンピース作者コメントで編集部が謝罪、一連の批判で賛否

6月14日(木)19時4分 ねとらぼ

『ONE PIECE』89巻書影

写真を拡大

 集英社の週刊少年ジャンプ編集部は6月14日、『ONE PIECE』89巻(6月4日発売)に「配慮を欠いた表現があった」として謝罪文を発表しました。同巻では、冒頭に在留日本兵として知られる故・横井庄一さんに関する表現が記載されており、一部で「不謹慎だ」などの批判が殺到していました。しかし、この一連の批判を疑問視する声も少なくないようです。
 作者の尾田栄一郎さんが同巻の冒頭にある作者コメントで“大皿に1つだけ残ったからあげ”に「横井軍曹」と名付けたとするエピソードを記載。「『横井軍曹残ってるよ! 誰か戦争を終わらせて!』的な」とからあげを食べるよう促していたことや、横井さんの「恥ずかしながら帰ってまいりました」のセリフを連想させる「恥ずかしながら!! 89巻、始まります!!」とのコメントが書かれていました。
 これに対し、ネットでは「いじっちゃいけない人をいじってる」「失礼にも程がある」などの批判が集中。一時はAmazonレビューで星1つの評価が多数を占めるなど、炎上状態となっていました。
 今回の謝罪はこうした流れを受けてのものですが、横井さんは何度と無くメディアで取り上げられていた他、過去には「らき☆すた」などの人気アニメで「よっこいしょういち」というセリフが使用されていたこともあるため、SNS上では“今回の作者コメントは許容されるべき”とする意見も。「『よっこいしょういち』とか普通にテレビで言ってた」「嫌な世の中になった」「こんな事でも叩くってほんとキモい」など、今回の炎上を疑問視する声も多数あがっています。
 謝罪文では「編集部、作者共々反省しております。今後は、より一層表現に留意して参ります」とされていますが、現在では作者に対する批判よりも、“今回の作者コメントは許容範囲”とする意見が多数となっています。

ねとらぼ

「批判」をもっと詳しく

「批判」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ