ダチョウ脚のロボット「キャシー」、今度はホバーシューズに乗る

6月16日(日)9時0分 GIZMODO


190612_cassie
Image: Hybrid Robotics/YouTube

自分でシューズに乗り降りも出来るのだそうな。

ガッチャンガッチャンと歩く二足歩行ロボットは夢がありますが、ぶっちゃけ、移動速度が遅くてちょっと非効率的な感じがしませんか? やっぱり『ボトムズ』みたいに、タイヤ的なメカニズムで地上を高速移動するほうが、圧倒的に効率的なワケです。

ということで、前回はセグウェイに乗ったダチョウの脚型ロボット「CASSIE(キャシー)」が、今度はホバーボードでお馴染みのInMotionが作った、ホバーシューズに乗ってみました。

ロボットにも練習が必要「キャシー」はオレゴン州立大学にあるアジリティー・ロボティクス社が開発している、脚だけのロボットです。ですがIEEE SPECTRUMによりますと、こちらはカリフォルニア大学バークレー校にあるハイブリッド・ロボティクス研究所にある「キャシー」で行なった実験だったとのこと。左右が繋がったホバーボードよりも、片足ずつ独立したシューズに乗るのは人間でも相当な難易度です。ですが研究者たちはパッケージになったいくつかのセンサー類を搭載させることで、大学内を自律的に移動できるようになったのだそう。

「キャシー」はつま先を上下にしか動かせず、足首を左右に振ることが出来ない機構を持っています。ですがコケても損傷しないようにサポートしつつ訓練を行なったのち、イジワル人間にわざと足を踏まれても、そして段差を落ちても、さらには片足のみが高い段差にあっても、それに前方にちょっとした障害物があっても、コケずに進めるバランス感覚を養うことに成功しました。

ほかのロボットと共演したら面白そう ゆくゆくは配達や警備や救助、それに倉庫作業などにも応用が期待されています。あとは歌えるようになれば、ロボット光GENJIが結成できそうですね。マイクを持つのは、兄弟分で上半身がある配達ロボットの「Digit」君が良さそうです。

かつてはボストン・ダイナミクスの犬型ロボ「Spot」と初対面でダンスを披露しあい、友達になったこともある「キャシー」。デビューしたらその喜びは、仲良しの「Spot」と分かち合いたいのではないでしょうか?

Source: YouTube via IEEE SPECTRUM

GIZMODO

「ロボット」をもっと詳しく

「ロボット」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ